World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« VE3LYCの帰路 (5月9日~) | トップページ | VE3LYCの運用がなぜCQ EU/NAが多いのか »

2018年5月 9日 (水)

OC-168 & OC-158 Log search

VE3LYCによるOC-168 H44R、OC-158 H44R/P、そしてOC-179 H40Dのうち、日本時間5月9日早朝までにOC-168とOC-158のログサーチが可能となりました。ただし、OC-168はウエブの中にあるQSLのClub Logボタンがありますが、OC-158はないので、次のURLから確認してください。

 
昨晩、多量のメッセージがNewsとして投稿されました。怪我のことは一切書いてありませんでしたので比較的軽傷なのかと思われます。OC-179 Taumako Island Duff  Islandsを撤収した後、OC-065 Pigeon Islandに滞在していたようですね。
 
ここは5年前のH44RF等によるH40IOTA運用時にOC-100とOC-065の通信設備を設置すると言っていた場所です。VE3LYCのメッセージを読みますとOC-065 Pigeon IslandからOC-100の空港まで直線で70kmあるのですが、意外と簡単に移動したことが分かりました。
 
Oc179すべてのIOTAファンが100%交信できた訳ではありませんので次回のOC-179ペディションの参考資料として「OC-179からの帰路」を掲載させていただきました。
 
OC-179 H40DのログサーチはBrisbaneからの出発までに間に合うかどうかということでしょう。遅くとも帰宅後の13日くらいまでにはuploadされるでしょう。
 
Log to search: H44R
3,349 QSOs logged between 2018-04-22 07:35Z and 2018-04-24 17:02Z
Log to search: H44R/P
1,123 QSOs logged between 2018-04-25 10:46Z and 2018-04-27 00:05Z
 
【追記】
バンクーバーでの乗り換え接続がうまくいけば5月10日の0230UTCには帰宅できそうとのこと。現地時間は5月9日の午後10時30分です。11日(金)くらいにはOC-179のログアップがされるでしょう。

« VE3LYCの帰路 (5月9日~) | トップページ | VE3LYCの運用がなぜCQ EU/NAが多いのか »

コメント

山本さん
いつも情報ありがとうございます。H44RとH44R/P、ログチェックできました。各2QSOと予定通りの交信でした。うまくいきました。VE3LYCは、まだ帰国の途中のようですが、無事にカナダへ戻られることをお祈ります。
私は、ちょうど1か月後、バンクバー、トロントの空港で乗り換えします。少し不安もありますが、楽しみです。

村山さん、こんにちは
ログサーチヒットおめでとうございます。
VE3LYCは予想通りOC-179のログアップロードをしないままバンクーバーへ向けて飛び立ったようです。細かい部分までチェックしていると同行しているような気分にもなります。
 
OC-179は早ければ明日の午後、遅くとも13日中にはログアップされるはずです。
私のOC-179 H40D交信は正直ひどいものでした。(笑い) VE3LYCのご厚意がなければ無理だったでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VE3LYCの帰路 (5月9日~) | トップページ | VE3LYCの運用がなぜCQ EU/NAが多いのか »