World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-117 Toshi Island plan report by JH2RMU | トップページ | AF-066 C98RRC Inhaca Island info »

2018年5月 4日 (金)

OC-179 H40D news (4 May 2018) already QRT

5月2日はほとんど18070-18088での運用でした。AF-088 C96RRC運用のパイルで070から080、082、088まで移動してサービスしていました。残念ながら私のアンテナでは完全コピーができず指をくわえていました。そして、2日の夜にこれでQRTと白旗をあげました。

 
白旗宣言をすると力が抜けて5月3日は久しぶりに朝寝して8時過ぎに起床しました。IOTAオセアニアを残り20件までになりましたが、OC-179を諦めてすっきりしていました。
 
9時40分過ぎにJG4AKL、JA5AUC各局よりメールをいただき、H40DからのQSPでJN6RZMに21260 up5でコールするようにとの伝達をいただきました。感謝です。しかし、聞きましたがノイズオンリーでコールすることもできずでした。お二人のOMには申し訳ない気持ちでした。
 
私のアンテナでは4月29日午後4時過ぎから5月2日午後10時過ぎまでH40Dを聞いていますがノイズだらけの惨状が3日間続いてようやく解放されたと思いました。しかし、Cezarのご厚意にふたたび、18070から得意(?)のノイズワッチを継続しました。
 
5月3日午後4時過ぎの10108オンフレに強いノイズ中にときどきH40Dが浮き上がります。コールバックがあったようですがコピーできず。UCOさんにせかされましたが断念。もう一度呼んでバックがあったようななかったような交信で終わりました。
 
その後、18070へQSYしてしまいました。未交信のJA Friendに伝えますと、「JN6RZMさんとQSOしたら、QRTしてしまう」とのお応えをいただきました。18070でその後もノイズワッチを続けましたが夕食となり、4日間のノイズワッチに解放され早々と寝てしまいました。
 
OC-168 H44R、OC-158 H44R/P、OC-179 H40Dを通しての運用時間です。(UTC)
 
4月22日(OC-168 H44R)
--------------------07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 XX 19 20 21 22 23
4月23日
XX XX 02 XX 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 XX XX XX 21 22 23
4月24日
00 XX XX XX 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 QRT
4月25日(OC-158 H44R/P)
------------------------------10 11 12 13 14 15 XX XX XX XX XX XX 22 23
4月26日
00 01 02 03 XX XX XX 07 08 09 10 11 XX 13 14 15 16 XX XX XX 20 21 22 23
4月27日
00 QRT
4月29日(OC-179 H44D)
------------------06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 XX XX 18 19 20 21 22 23
4月30日
00 XX 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 XX 15 16 XX 18 19 20 XX 22 23
5月1日
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 XX XX XX 19 20 XX 22 XX
5月2日
00 01 02 03 04 05 06 XX 08 09 10 11 12 13 14 XX XX XX XX 19 XX XX XX XX
5月3日
00 01 02 03 04 05 06 07 08
 
クラスターのラストレポートは「H40D  18/05/03 0857Z  18070.0 OC-179    JI1CPN 」
で終わっていました。
 
なんだか私の白旗宣言でVE3LYCも就寝して、朝起きてJN6RZMとQSOできていないことに気づきお二人のJA OMへお空でQSPしていただいたような偶然性を感じます。
 
交信できていなくても、25年前のH44MSは政府関連の船で渡ったようです。今回のH40Dは自費ですが、行けるルートができましたのでレポートに残してくれますから、10年後くらいにはまたプランができるでしょう。
 
同様にOC-168やOC-158もルート開発ができたと思います。数年後にはリピートが行われることを信じましょう。それまで元気に過ごすことです。
 
それ以上にVE3LYC Cezarさんには「身を挺しての運用」を深く感謝したいです。耳の悪い飛ばないJN6RZMを覚えてくれていてありがたいことです。無事に帰宅されますように。
 
【追記】
JA3UCO細川さんにOC-179 H40Dとの交信証明をいただきました。感激です。
私のアンテナはベランダ設置型のために常にノイズがS3からS8-9くらい振っています。近年はさらに強くなったように感じています。細川さんの「K」でH40Dからコールバックがあることを理解できました。2回目のコールバックもみなし599を送ったのみで架空QSOに近い状態で終わりました。
 
終了後に細川さんにご連絡しようかとも思いましたが、お恥ずかしい交信でその確認をするのも本末転倒と思いしませんでした。ありがたいご報告をありがとうございました。51/49の確率と思っていました。これでJG4AKLさんとJA5AUCさんにお礼を言えます。
 
ではなぜ、Cezarがそこまでしたのか。わずか20USDのドネーションを送ったからではないです。事前に4回くらいメールのやりとりをしました。ごまをすったつもりはありません。彼のウエブの内容をしっかりと読ませていただき、間違いを数か所見つけましたので2回ほど連絡しました。すぐにお礼があり、OC-168とOC-179で逢おうと言ってもらえました。
 
また、AS-023 JO1CRA/6四十物さんの奄美大島ペディションのClub Log Matching登録のお手伝いをしましたところ、CRAさんがCezarへ送るメールにCcで送っていただいたら、その返事をCezarから私にもいただきました。驚きました。
 
ノイズが強く、かなり迷惑をかけていますので自粛をしないといけないと強く思っています。
 
Mr CQ World Wide Contestと呼ばれるK3EST Bobさんとは5月17日に福岡でお会いする約束をしました。
 
NA-234 KL7RRC運用の主役であるN3QQ Yuriさんからは9月20-23日にロシアのOrelで開催されますRRC25周年大会への出席を薦められています。資金がありません。どなたか希望者はおられませんか。
 
【追記】
VE3LYCのスケジュールを確認しますと、「5 May: depart Lata to Honiara;」とありますので本日5月5日にOC-100からHoniaraに戻るようです。おそらくウエブに新しいNEWSが書き込まれると思われます。

« AS-117 Toshi Island plan report by JH2RMU | トップページ | AF-066 C98RRC Inhaca Island info »

コメント

5/3 0720Z頃から10108KhzでH40DはJN6RZMを何度も呼んでいました。その後JN6RZMが応答しましたのでH40Dは「599,Shusan」と返しましたがJN6RZMから返事がありませんでした。突然消えた感じでした。RIGトラブルかな?と私は思いました。H40Dもそう思ったのかもしれません。その為か、暫くして再びH40DはJN6RZMを呼び続けます。途中JA6C**が呼びます。H40Dは599を送りますがJA6C**は返事をせずに呼び続けます。H40DはJA6C**に599を送った後、再びJN6RZMを呼び続けます。再度JN6RZMが出て来て今度は双方で「599」を送って交信成立していました。

因縁のOC-168とOC179とQSO出来てH44/H40は完了しました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-117 Toshi Island plan report by JH2RMU | トップページ | AF-066 C98RRC Inhaca Island info »