World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« IOTA DIRECTORY 18th edition を注文しました | トップページ | OC-254 V6J Ta Island 日程決定 »

2018年6月17日 (日)

北極海 IOTA DXpedition RT9K/9 から RI0Bへ 

3週間のブログのお休みの間、K3EST Bobさんがご興味のある日露戦争の対馬沖海戦(日本海海戦)に関していろいろな本を読んでいました。1905年に世界最強のバルチック艦隊を破った日本連合艦隊の戦い方のみならず、両国の状況や両軍の位置づけ、担当した司令官などはまりこんでいました。

 
その間に表題のRT9K/9に関して、5月30日にUA9KDF Igorさんへ2016年12月に47名からお預かりして送りましたドネーション700USDあまりに関して問い合わせのメールを送りました。当時はN3QQ Yuriさんからの紹介で、KL7RRCと同じ方法で支援して欲しいというものでした。
 
「47名からいただいた700USDは2017年2-3月で消化されたものか、それとも2018年9月実施予定の分へシフトするのか」と問い合わせるとともに「可能ならば、シフトしていただき、新しい(AS-087)島が追加されていますので、追加のドネーションを求めるのがよいでしょう」と提案しました。
 
本日現在、残念ながら返事はありません。それどころか、QRZ.comに6月1日付けでRT9K/9のコールから変更して「RI0B」が新規登録を開始されました。新たにRI0Bでドネーションを受付始めました。47名へ連絡し返事を待っていただくようにお願いしました。
 
しばらくスタンバイするつもりでしたが、この朝にQRZ.comのRI0Bに次の書き込みがありましたので、ブログを再開してしまいました。「This IOTA DXpedition is very expensive - 150000 Euro. Financial support will be higly appreciated.」
 
なんと15万ユーロかかるとありました。Igorさんも本音で書いていました。日本円に換算すると約2000万円です。直感ではありますが、一桁多すぎる金額です。実施できないと思いました。ただし、1800万円くらい出すスポンサーがいればできるかもしれません。
 
QRZ.comのRT9K/9とRI0Bのスポンサーは、
** RT9K/9 **
1) ART?  (PAINT)
2) AGRAD (Car)
3) yamlmrans(健康食品?)
4) регчоно групп(食品)
 
** RI0B **
1) GEOTECH (Oil and Gas)
2) AGRAD (Car)
3) Yang-Inform Ltd (通信関連)    です。
 
どちらかというと、ガソリンや車両や通信装置などのスポンサーで数100万円も手出しするスポンサーではないようです。RRCはそこまで出すでしょうか。
 
2001年4月16日から5月21日の35日間に実施されました"THE LOST ISLANDS OF THE ARCTIC"の記事が2002年版IOTA DIRECTORY 11th EDITIONに詳しく掲載されています。
 
AS-156 RI0B, AS-042 RS0B, AS-057 RU0B, AS-050 RU0B/P, AS-068 RS0B/P, AS-005 R3CA/0の6つのIOTAをM18-MTV helicopterで実行されました。「The budget of our expedition was 50,000 US$, a considerable amount of money , first time ever spend on an IOTA programme DXpedition.」と文中に550万円とあります。
 
2001年のRI0Bはヘリコプターを使用し、18名参加で550万円のコストのようです。
 
続く2015年8-10月に実施されたUA4WHXによるRI0PV、RI0QV、RI0KVなどのIOTA DXpeditionは公営の船に備えられたヘリコプターを使用してのIOTA DXpeditionでした。コストは不明ですが、交通費に関しては極小と思われます。
 
そして、2017年2月に実施されましたUA9KDF等によるRT9K/9はスノーモービルなどで3チームが合流し、20台くらいの連隊で4つの島を目指しました。2月14日からスタートし、日本製、フィンランド製、ドイツ製、ロシア製の寄せ集めのマシンは早くも3日後の2月17日には故障が発生したと日記に記されていました。
 
1台が止まると全体が止まってしまい、そのための修理費や滞在費用が発生し、結果としてAS-005のみで撤退することになったと思います。
 
私は2005年にOC-269 YE7Pで初めてドネーションギャザリングを開始して以来、ガラス張りの会計を行い、皆さんの信用と信頼を構築してきたつもりです。誠に残念と思いますが、2016年12月に集めましたRT9K/9へのドネーションは2017年2月にすべて消化されたと判断したほうがよいと思っています。ただし、確認中であることは申し上げた通りです。
 
また、今回、RI0Bとして2018年9月に予定されています企画は金額的に無理と判断しています。EU-190 RI1Fで使用したAurora号の記載はなく、文面から判断して「"Bristol" vessel」とありますので、契約できなかったようです。
 
使用する乗り物をヘリコプターへ変更する、日程を延期するなどの可能性はあると思います。あくまでも私の個人的な予測です。積極的にRI0Bへドネーションしていただいても結構ですし、UA9KDFから前回分の回答が来てから考えられても良いと思います。
 
個人的には150000 Euroを集めるのは無理と思います。
Igor-san! Give me your answer please!

« IOTA DIRECTORY 18th edition を注文しました | トップページ | OC-254 V6J Ta Island 日程決定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA DIRECTORY 18th edition を注文しました | トップページ | OC-254 V6J Ta Island 日程決定 »