World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« カナダへ行ってきました by JH2RMU。 そこで人当てクイズです。 | トップページ | 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます »

2018年6月29日 (金)

Provisional IOTA の現状を調べる

ご承知の通りProvisional IOTAは未だ運用がされず、仮(Provision)の番号を付けられたIOTAのことです。この朝にDX情報として「5C9A  Los Farallones Island, AF-118NEW」がProvisional IOTAのDXpeditionとして久しぶりに報告されました。

 
本日現在のProvisional IOTAの数は次のとおり42件です。
Provisional_iota
その割合は全体のIOTA数1166に対し、42件のわずか3.2%です。AFの14件とASの15件が多めです。
 
その42件の明細は次の通りです。
AF-102  V5 Erongo / Hardap Region group
AF-105 TR Nyanga Province group 
AF-106 TU Cote d'Ivoire group 
AF-107 D2 Cuanza Sul / Benguela Province group 
AF-108 D2 Namibe Province group
AF-110 SU Red Sea Coast South group 
AF-111 EL Liberia group 
AF-112 5A Mediterranean Sea Coast Centre group 
AF-113 5A Mediterranean Sea Coast East group 
AF-114 ST Halaib Triangle group 
AF-115 ST Red Sea State group 
AF-116 T5 Gulf of Aden West group
AF-117 T5 Gulf of Aden East group
AF-118  CN Mediterranean Sea Coast group
 
AN-019 Var Balleny Islands 
AN-020 Var Scott Island 
AN-021 VP8 Shag Rocks
 
AS-178 VU Andhra Pradesh State North group 
AS-179 VU Orissa State group 
AS-180 AP Balochistan Province group 
AS-181 AP Sindh Province group 
AS-182 XZ Mon Region group 
AS-183 XZ Tenasserim Region North group
AS-184 XZ Preparis Channel group
AS-187 7O Gulf of Aden East group 
AS-188 EP Khuzestan Province group 
AS-189 EP Bushehr Province group
AS-194 JA6 Senkaku Islands 
AS-195 P5 P'yongan-Bukto / P'yongan-Namdo Province group 
AS-196 P5 Nam'p'o-si / Hwanghae-Namdo Province group 
AS-197 P5 Hamgyong-Bukto / Hamgyong-Namdo Province group 
AS-198 P5 Kangwon-do Province group
 
NA-244 XE1 Marias Islands 
NA-245 XE2 Rocas Alijos Islands
 
OC-287 KH6 Bounty Islands
OC-288 KH6 Nihoa Island 
OC-289 KH6 Necker Island 
OC-290 KH6 Gardner Pinnacles 
OC-291 KH6 Laysan Island 
OC-292 KH6 Lisianski Island 
OC-293 KH6 Pearl and Hermes Atoll
 
SA-100 CE1 Arica y Parinacota/Tarapaca Region group
 
最も記憶に新しいProvisional IOTAのDXpeditionは昨年9月に実施されましたEU-190 Victoriya Islandです。AF-IOTAも企画されましたが上陸に失敗しましたので最近のProvisional IOTA DXpeditionは意外に少ないことが分かります。
 
そこでどのくらいのペースなのかを調べてみました。個人的データとしては交信し損ないの記録をとっていませんので2年ごとに発行されますIOTA Directoryを遡ることにより確認できます。毎年1月末で締められて資料が作成され、4月に2年ごとに発行されています。
 
上記42件に大きな影響を与える追加分のProvisional IOTAは次の12件です。2015年7月にIOTAプログラム50周年記念として追加されたことは記憶に新しいと思います。
 
●2015年7月追加分(12)
AF-118 Mediterranean Sea Coast group
AF-119 Coetivy Island
AS-200 Shikoku's Coastal Islands 
AS-201 Sea of Marmara Islands 
AS-202 Hawar Islands
AS-203 Shelikhova Bay group
EU-190 Viktoriya Island
EU-191 Fericirii Island
NA-247 Sint Maarten's Coastal Islands
NA-248 NWT / Nunavut (Melville Island) group
OC-296 Tobi and Helen Islands
SA-100 Arica y Parinacota/Tarapaca Region group
 
管理をしっかりされておられます方はすぐにわかると思いますが、上記の42件と対比しますと、未実施はAF-118とSA-100の二つのみです。AF-118は今回プランがでます。
つまり、3年前の追加分は11件が企画及び実行済みとなりました。
 
それ以外に残った40件は2000年にProvisional Numberを付けられて以来、QRVがないと言えます。いえ、Provisional Number付与以前からといった方が正解でしょう。しかし、その以前がいつということを調べてもあまり意味が無いと判断しています。
 
では2年ごとに発行されますIOTA Directoryごとに遡ってProvisional IOTAの実践状況を調べてました。追加の12件は省略しました。
 
●2016-2018 IOTA Directory実施分(2016年2月-2018年1月) 1件/2年間
AS-176  VU Gujarat State East group
 
●2014-2016 IOTA Directory実施分(2014年2月-2016年1月) 3件/2年間
OC-274  YB8 Lucipara and Penyu Islands
OC-286  ZL  Antipodes Islands
OC-294  VK  Sandy Island
 
●2012-2014 IOTA Directory実施分(2012年2月-2014年1月) 13件/2年間
AF-109 SU Nile Delta and Sinai Region group
AS-175 VU Gujarat State West group
AS-190 HZ Rea Sea Coast North group
AS-191 HZ Red Sea Coast Centre group
NA-232 KL St Matthew Island
NA-240 KL Bethel County group
NA-242 KL North Slope County West group
OC-271 YB8 Babar Islands
OC-275 YB9 Irian Jaya's Coastal Islands South
OC-276 YB9 Mapia Islands
OC-085 H44 Stewart Islands
SA-095 CE4 O'Higgins/Maule Region group
SA-096 LU  Chubut Province North group
 
2015年7月に新規に追加されました12件に惑わされ(?)、コンディションの低迷の関係もあるかもしれませんが、現存の41件中40件のProvisional IOTAの実行は20年近く動きが無いと言ってよいと思われます。KH6のように上陸が禁止されている島などがあります。
 
2012-2014年の13件くらいのIOTAが動くと市場は活性化しますが、2016-2018年の1件くらいでは、(ただし、2015年7月の新規12件を除く)市場は閉塞化してしまいそうです。しかも、これは2年間の数字です。
 
新版のIOTA Directory 2018の40ページ、「IOTA PROGRAM STRUCTURE」のA. ISLANDS AND GROUPSに、次のような記述があります。A.4.2です。
IOTA Management has decided, as parts of strategic planning, to review the Island list every 5 years. The last such occation was in 2014 to coincide with the 50th anniversary of IOTA's launch. The next two occartions will be in 2019 and 2024. It is expected that any changes made will be very small.
 
5年ごとのIOTAリストの見直し、前回は2014年に見直し(実行は2015年7月か)、次回は2019年と2024年に見直しの予定だが、その数は少数とあります。南極(AN)を増やすことはしないと思いますが、6大陸に1件ずつくらいでしょう。
 
多くのIOTAをコンファームされている局におかれましてはIOTA1件の重みが高くなってきます。アンテナのグレードアップや上級資格取得によるQROなどを考えなければいけないかもしれません。
 
私のようなアパマンハムはコンディション上昇期まで冬眠期に入らざるを得ません。そのうち消えるかもしれません。

« カナダへ行ってきました by JH2RMU。 そこで人当てクイズです。 | トップページ | 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カナダへ行ってきました by JH2RMU。 そこで人当てクイズです。 | トップページ | 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます »