World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island QSL回収報告 »

2018年7月 1日 (日)

RI0B 2001を検証し、RI0B 2018と比較する

RI0B (ex RT9K/9) 2018の開始日が2018年9月4日と425DXnewsに掲載されていましたのでRI0B 2018の情報を調べましたら間違いなく9月4日と記載されていました。開始まで65日あまり。2か月でこれだけのペディション準備が間に合うのでしょうか。

 
UA9KDF曰く、「2001年に実施されたRI0B運用に敬意を表し、再度RI0Bのコールサインを取得」とQRZ.comのRI0Bに書いてあります。そこで2001年に実施されました"THE LOST ISLANDS OF THE ARCTIC"を検証してみました。
 
58分間のビデオです。英語での説明ですので比較的わかりやすいです。それにIOTA Directory 2002のActivity Reportを参考にしました。
 
RI0B 2001の総費用は50,000USD(約550万円)、参加者は18名、大型ヘリコプター使用とIOTA Directory 2002に記載されています。
 
①AS-156 RI0B Ushakova Island 雪中にテントを一部埋めて運用。約13,000QSOs。
②AS-042 RS0B Severnaya Zemiya 建物の中で2日間(一晩)運用。約1,000QSOs。
③AS-057 RU0B Uedinenija Island 建物の中で3日間運用。約10,000QSOs。
④AS-050 RU0B/P Sergeya Kirova Island 雪中テントで3時間運用。473QSOs。
⑤AS-068 RS0B/P Mona Islands 建物の中で2時間運用。342QSOs。
 
⑥AS-005 R3CA/0 Dickson Island 運用情報なし。
 
ご参考として私のQSOログです。100ワット APA-4 12mtrsです。
AS-156 RI0B 2001-04-19 0936 28MHz SSB 59 59
AS-156 RI0B 2001-04-19 1208 21MHz CW  599 599
AS-042 RS0B 2001-04-23 2228 14MHz SSB 59 59
AS-057 RU0B 2001-04-25 0925 21MHz CW 599 599
AS-057 RU0B 2001-04-26 1144 14MHz CW 599 599
AS-057 RU0B 2001-04-26 1250 10MHz CW 599 599
 
残念ながら、AS-050とAS-068は未交信でした。この二つは小設備の短時間運用のため、見事に逃がしました。4月16日にスタートし、5月21日に戻ったとありますが、実質的には4月16日スタートで4月30日前後の2週間くらいのスケジュールだったようです。
 
Ri0bヘリコプターを使用しているためにRI0B 2018と比較してかなりアクティブに広範囲に移動していることが分かります。①RI0B、②RS0B、③RU0B、④RU0B/P、⑤RS0B/P、⑥R3CA/0の順です。
 
また、2015年9月に実施されましたUA4WHXによるRI0PV、RI0KV、RI0QVなどの運用は砕氷船に便乗し、そのヘリコプターを使ってのIOTAペディションでした。
 
今回9月4日開始のRI0B 2018の経路です。
Ri0b_2018_2
「Our route is as follows: Dudinka - Dickson – Firnley Islands (AS- 054 ) - Tyrtova Island (AS-121 ) – Nansena Island ( AS- 104 ) - Skott-Gansena Island ( AS - 068 ) – Arkticheskogo Instituta Islands( AS- 087 ) - Sibiryakova Island ( AS- 005 ) - Dudinka .」
と、発表されています。一番南のDudinkaからAS-005までも船で移動するようです。
 
AS-005に集合で全行程の1/3はカットできると思います。150,000Euro(約20,000,000円)は高すぎると思われます。おそらく目標と思えます。船のチャーター代が高いのでしょうか。
 
残念ながら、2016年12月に行いましたJA FriendsからのRT9K/9に関してはUA9KDFより1か月経過しましたが私からの2回のメールに返事はありません。おそらく、前回のドネーションは消化済みで質問に回答の必要なしと判断しているように感じられます。
 
前回もスノーモービル10数台の移動で故障などにとまどり、AS-005のみで終了でした。今回もまた引き返して中途半端にならないことを祈ります。前述の二つはヘリコプターが大活躍しましたが、今回の機材にはないようです。もう少し、様子見をします。
 
【追記】
RI0B 2001のAS-157/AS-042/AS-057の3つは運よくアパマンアンテナで十分に聞こえていました。2001年当時は425DXnewsにて紹介されたのみでPayPalもありませんので個人が簡単にドネーションできる時代ではありませんでした。

« 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island QSL回収報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/15 am10時よりIOTAフォーラムが開催されます | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island QSL回収報告 »