World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-08-27) 1日遅れていよいよ出港 »

2018年8月26日 (日)

AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-08-26) QRT & Go back home!

2018年8月25日0024UTCの交信を最後にQRTしました。自己申告でラストはJO1CRAさんだそうです。総数は7,699件でした。彼らの過去のAS-092 RT92KA、AS-071 R71RRCと比較して大幅に局数を伸ばしました。素晴らしい運用と思います。

 
Log to search: RT65KI
7,699 QSOs logged between 2018-08-19 06:34Z and 2018-08-25 00:24Z
 
クラスターデータ等では7/10/14/18/21MHzにてレポートを確認できましたが、21MHzは1件のみでした。結果として3エレトライバンダーはセットアップできなかった、あるいはセットアップしたが短時間のみだったようです。やはり3人では10メータ以上の高さに上げる3エレ八木は強風などの影響で厳しかったようです。
 
RI0B 2018も6エレ八木ですが、6人がかりで毎回セットアップできるか。大きなポイントです。クラスターレポートをバンド別に集計しました。
 
40m  69   6.1%
30m 119 10.5%
20m 883 78.0%
17m  61   5.4%
-------------
      1132 100%
 
圧倒的に20m、しかもCWでした。
 
昨晩、Pilot stationのEU7AがIOTA-chasers Forumに投稿した文章を紹介します。
「Tomorrow morning boat has to come bring them back to Neshkan, then helicopter from Neshkan to Lavrentya should be on Thursday (if weather permits). Then small plane from Lavrentiya to Anadyr and then plane from Anadyr to Moscow. Veeeery log trip back home and weather can change plans a lot.
We all wish them safe trip back home.
73,Andy
EU7A」
 
チームはこの朝には島からNeshkanへ戻っていますが、ここから2拠点を経由してMoscowへ戻るのがまたたいへんです。
 
2015年から続けていますIOTA-R0 Wanted List 2018上ではAS-065未交信45局中、41局が交信できました。91.1%です。素晴らしい実績となりました。チームに早く伝えたいです。ご協力の皆様に感謝いたします。
 
【追伸】
UA3AKOのQSLingはとても安心です。
①AS-092 RT92KA 2016.4.29請求、5月25日受領、ただし、手製の特別QSLカード
②AS-071 R71RRC 2017.5.2ドネーションとして事前送付、10月11日受領
 
過去には2016年のR3CA/0(AS-152,AS-163,AS-164など)がvia UA9OBAで事故が多発し、UA3AKOが引き受けて処理されたこともありました。
 

« 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-08-27) 1日遅れていよいよ出港 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-08-27) 1日遅れていよいよ出港 »