World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan いよいよ移動開始 | トップページ | 最後のIOTAフィールドチェック in ハムフェア2018 (8/25-26) »

2018年8月10日 (金)

AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan モスクワ発

この朝にはすでにモスクワ空港を出発する写真がDX情報に掲載され世界中を駆け巡っています。

Whatsappimage20180809at160817説明文には「At 1710 UTC two team members Victor, UA3AKO and Alex, RA3AV have departed Moscow (Vnukovo) heading towards Anadyr.」とあります。
 
左がRA3AV Alexさん、右がUA3AKO Victorさんです。トランクの盗難防止やVictorさんの長袖シャツにブーツ姿に意気込みを感じます。盗難防止策は参考になります。ロシアでも危ないのでしょう。現地は8月でも10℃以下です。
 
この朝の1700UTCモスクワ発です。「Moscow to Anadyr」とGoogle検索するとフライト機を見つけることができます。Google Flightsの結果です。
As065_8
モスクワ(VKO) 夜7時40分発、Anadyr現地時間12時40分着 8時間のフライトです。値段は\80,731円です。Anadyr現地時間はJST+3ですので、日本時間にすると午前9時40分に到着です。そして、本日8月10日には隣町に住むUA0KBG Yuryさんも合流します。
 
8月13日に次の起点であるLavrentiyaへ航空機で移動します。この分もネットで調べましたがヒットする情報を見つけられませんでした。16日にLavrentiyaからNeshkanへヘリコプターで移動します。
 
LavrentiyaとNeshkanで飲料水、食料、ガソリンなどを調達すると思います。この作業が大変なんでしょうね。特にガソリンは国によって取り扱いまで規制される場合があります。ここまではインターネットがつながると思います。HW?
 
NeshkanからいよいよIdlidlya Islandは目前です。平坦な島のようです。一般的なモーターボートが砂浜にありました。直線で8kmです。島からはサテライト電話使用です。EU7A AndyさんがPilot stationとして支援します。
 
事前ドネーションもまだ間に合うと思いますが、ネットにコメントの項目がありますのでぜひJAからの激励のメッセージをお願いいたします。

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan いよいよ移動開始 | トップページ | 最後のIOTAフィールドチェック in ハムフェア2018 (8/25-26) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan いよいよ移動開始 | トップページ | 最後のIOTAフィールドチェック in ハムフェア2018 (8/25-26) »