World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« OC-107 YG5NB Lingga Island QSLサポート開始 | トップページ | P29RR、OC-153 Daru Islandの証明に至らず »

2018年8月 2日 (木)

AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan ドネーションを送りました

2016年4月のAS-092 RT92KA、2017年4月のAS-071 R71RRCに続いて3年連続でUA3AKO Victorさんのグループによる北極海沿岸のIOTAペディションが2018年8月にAS-065 RT65KIにて実行されます。

 
昨年のAS-071は雪上車とスノーモービルにて移動されましたが、今回はヘリコプター利用となりました。7月27日のニュースに主な貨物の流通が悪くようやくNeshkanという中継地に届くことができたと安心感を持って書かれています。同時に当日に全世界向けにプランが発表されたようです。
 
最初は8月18日と書いてありましたが現在は19日あたりからとあります。今回も世界中の多くのIOTAファンにサービスされると思います。ウエブのマップに経路がありますが少しわかりづらかったので作ってみました。移動経路は次の通りです。
8月9~10日にAnadyr(アナディー 人口13,000人 3600mの滑走路あり)にUA0KBG,
         UA3AKO,RA3AVの3人が集合します。
8月13日にLavrentiya(人口1,400人 飛行場あり)へ航空機で移動します。
8月16日にNeshkan(ネシュカン 人口700人くらいの石油ガス発掘の町)へヘリコプターで入ります。
As065_2それぞれ人が住む町・村を経由していますので移動には問題ないと思います。モスクワからの荷物も最終基地のNeshkanに7月27日に届いています。
 
As065_3最終基地となるNeshkanからAS-065に登録されている二つの島の位置関係です。IOTA DirectoryにはIdlidlyaとKolyuchiが記載されています。過去の1990年ころのAS-065運用である4K4/UA0KBZ、4K4POL、U0K/UV1POLの3局はすべてKolyuchinからの運用です。当時冷戦中のソビエト軍の関係、あるいは気象関係で滞在していたのでしょう。
 
As065_4Neshkanの町とAS-065 Idlidlya Islandの位置は直線で8kmでした。Neshkanの町近辺には滑走路は見当たりませんでした。そのため、定期的にはLavrentiyaから大型のヘリコプターで物資の輸送をしていると思われます。
 
そのため、町から島までは大型ヘリコプターを使用するのではなく、一般的なボート使用と思われます。大型のヘリコプターに3人と無線機材、食料、テントなどの荷物を押し込みますのでかなりの費用がかかるでしょう。
 
3年連続で誠意をもってR0Kの3つの島へ行ってくださいます。4年、5年と続けてもらうためにも、どうぞ皆さんの少額のご支援をお願いいたします。
 
ウエブにあるPayPalはJAからは使用できませんでした。普段にPayPalを起動して、一般的な送金をご利用ください。領収書がFacebookに届いてびっくりしました。
 
ウエブの中に「Due to complex and expensive logistics we need your financial support. PayPal address is rt65ki@gmail.com. Please include your call sign. 
For those who supported us before expedition starts RT65KI QSL cards will be mailed primary without any additional payment (of course if QSO in log!)」とあります。

« OC-107 YG5NB Lingga Island QSLサポート開始 | トップページ | P29RR、OC-153 Daru Islandの証明に至らず »

コメント

QSLカードは追加料金なしでプライマリに郵送されます(もちろんQSOがログに記録されます)は誤訳です。正確な日本語訳は下記の通りです。大事なことですので、敢えて指摘させていただきます。

   QSLカードは追加料金なしで優先的に郵送されます。(もちろんQSOがログに入っていることが   条件です)

primaryは順番で言う最初という意味です。

ちなみに私は昨年3月末まで大学と大学院で英語を教えていました。

青木

青木さん、おはようございます。
ご指摘に感謝いたします。
Windows10を日本語モード訳にしていたためにGoogletranslateにて和訳された文章を確認不足でそのままコピーして貼り付けてしまいました。UA3AKO Victorさんの意思もありますので、原文に置き換えました。今後ともどしどしご指摘ください。正確な英語に今後ともチャレンジします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-107 YG5NB Lingga Island QSLサポート開始 | トップページ | P29RR、OC-153 Daru Islandの証明に至らず »