World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-15) | トップページ | IOTAの教科書、IOTA Directoryを活用する その2 (IOTA-H4完成の儀式) »

2018年8月15日 (水)

H4-IOTA 完成しました

本日8月15日、VE3LYCよりOC-168 H44RとOC-179 H40DのQSLカードが到着しました。2月20日に20USDをドネーションとして送りそのまま自動的に返信していただけました。
 
1997年5月に日本語版IOTA Directory1997を手にして、IOTAオセアニアの中で、YB/P29/H4あたりにごちゃごちゃとたくさんの(正確には92件)IOTAを見ましたが、こんなにできるはずはない、とてつもないプログラムだと驚きました。21年3か月もかかりました。いえ、21年3か月も楽しめました。H4-IOTA完成です。
 
①100 13 OC-047 H44FN 970204 970414 44
②182 21 OC-065 H40AB 980408 980522 81 
③197 36 OC-100 H40AA 980407 980828 90 
④222 8 OC-149 H44NC 990205 990310 99
⑤243 29 OC-127 H44MS 990315 990721 110
 
⑥363 17 OC-162 H44MS 010228 010427 157
⑦557 4 OC-158 H44VV 030819 050401 221
⑧619 6 OC-178 H40MY 071009 071224 247
⑨624 11 OC-163 H40MY 080921 081115 248
⑩627 2 OC-192 H44MY 081122 090121 250
 
⑪669 6 OC-285 H44AJ 130604 130809 260
 
通番、IOTA通番、年度通番、IOTA番号、コールサイン、請求日、到着日、OC通番の順で管理しています。
 
DXCC的に見ますと、H40とH44の二つでありそんなに難しいエンティティではありませんが、もっとも運用の多い①のOC-047でもIOTAの100番目でした。オセアニアで44番目。私の前のコール時代に取得したVR4CMにぎりぎり変更が間に合いました。
 
②③はDXCC上でH4がH44とH40に分離した時の初っ端に運用された2局です。DXCCペディションながらIOTA 2upの方で嬉しかったことを思い出します。
 
④はNorriedさんによる超小設備の運用です。レポートは14MHzSSBで23でした。いまでも最低レポート記録の思い出のQSOです。⑤⑥は今回もVE3LYCに同行したDL2GAC Bernhardによる運用です。まさに彼は"Mr. H4-IOTA"と言っても良いでしょう。
 
⑦はUA4WHX Vladによる運用です。彼も2003年のオセアニアtripでもたくさんのIOTAから運用しました。
 
⑧⑨⑩はKM9D MikeとKF4TUG Janet夫妻によるオセアニアIOTAツアーを数年間連発運用でサービスしてくださいました。マネジャはOM2SAです。ネットで追い求めて地図の見方、使い方など私のインターネット利用技術を格段にあげてくださいました。
 
⑪はK9AJとIT9YREによる電撃プランによる運用でした。同時期に支援をしていましたH44RK によるH44IOTA企画して発表して他のIOTAを運用中に前者が先に運用しました。H44RKより意見を求められOC-285 H44IOTAを中止した経緯があります。
 
今回のVE3LYCによるOC-168 H44R、OC-158 H44R/P、OC-179 H40Dにより、同様にH4-IOTAを完成されたIOTAチェイサーの皆さん、おめでとうございます。
 
私の名残りはH44IOTAの当初の3つプロジェクトの一つにソロモンアイランズの小学校へ学用品を送る方策が企画中でした。それは、日本の各家庭にお土産などで机の中に残っている鉛筆、ボールペン、ノート、消しゴムなどを持ち寄りプレゼントするものです。
 
私の近所の小学校にお願いし、ソロモンの小学校とSkypeでつないで届いた学用品贈呈の実況中継をやろうと考えていました。飽食の日本と物のないソロモンを学ぶ、また持ち寄った使わない学用品を簡単に送れる体験をするなど企画を進めていました。
 
H44RK Ralfさん自体が受けなくなりました。でもいつか実現したいと思っております。
Liapariisland_h44iota写真は中途半端に終わったH44IOTAのチーム案内です。
 
本日届きましたQSLカードです。
⑫711 1 OC-168 H44R   180423 180815 274 (新着)
⑬712 2 OC-179 H40D  180503 180815 275 (新着)
 
最後のOC-179 H40Dのエピソードです。
Oc1682番目のOC-158 H44R/Pから全く聞こえなくなりました。心配していましたOC-179 H40Dも追いかけますがまったく聞こえず。5月3日諦め宣言を早朝にしたところ、JG4AKL藤原さんとJA5AUC三ッ田さんからメールをいただいたものです。
 
朝にH40Dと交信したときにJN6RZMへメールを入れて21260に出てくるように伝えて欲しいと依頼を受けたという内容です。恥ずかしいことでした。ところが21260へ急行しましたが聞こえなかったという落ちがありました。
 
結果として夕方にJA3UCO細川さんに偶然に手伝っていただいたという本当に恥ずかしい交信になってしまいました。12メータハイのAPA-4での厳しさであり、また交信できた時の嬉しさでもあります。思い出の交信でH4-IOTAの21年3か月を完了しました。

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-15) | トップページ | IOTAの教科書、IOTA Directoryを活用する その2 (IOTA-H4完成の儀式) »

コメント

昨日カードが届きました。
残るは、OC-163です。
何時、誰が行ってくれるのか?
気長に待ちますか。。。

くりばらさん、おはようございます
ぜひ、サンクスメールと次への期待OC-163のメールを打ちまくってください。
先達の皆さんもH4-IOTA完成者がたくさん出ている可能性があります。関心がなくなりますのでリーダーシップをとるくらいの気持ちでメール作戦をなさってみてはいかがでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-15) | トップページ | IOTAの教科書、IOTA Directoryを活用する その2 (IOTA-H4完成の儀式) »