World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-08-24) 未交信局へのQSPとNow QRT! | トップページ | 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 »

2018年8月25日 (土)

RI0B 2018 遠征日記(2018-08-24)

RI0B 2018のメンバーであるイゴールUA9KDF、アンドレイUA9LDD、ミハイルUA1QVの3名は明日8月26日にアルハンゲリスクを出発しディクソン(AS-005)へ向かいます。8月24日付けのUA9KDFの日記です。Googletranslate訳です。少々変ですがご理解ください。
 
8月24日 09-00ヨット「アポストルアンドレイは」北海博物館の近くに市の中心部に係留、アルハンゲリスクに来ました。白海域における強い嵐に関連付けられているヨットの遅れ。これは、8月26日に予定されています。
Full_sdalxtjx後の大きな船ではなく、手前のヨットです。駐車中の車と比較すると大きさが分かります。8月24日撮影とあります。
 
R3CNのハムであるキャプテンはそのまま同行するのでしょう。
9月5日にNorilskからVictor RW0BG、Andrei UA0BA、Igor Kuznetsovの3名がDicksonへ入り、その後合流します。9月5日に出発せず1~2泊後かもしれません。AS-054には4~5日かかります。9月12日くらいに到着でしょうか。天候に左右されそうです。
 
参加予定でしたR9LR Vladimir Vasilievはどうも参加しないようです。QRZ.comには写真が残っていますが、ウエブにはありませんでした。6名のオペレータとハムの免許を持つキャプテンの計7名となりそうです。
 
9月中旬に入り込みますので天候はもちろんのこと、AS-054、AS-121、AS-104、AS-068、AS-087の島の形状や構築物の有無で運用日数・時間は大きく変わると思います。場合によっては数時間の運用や上陸キャンセルの可能性も考えられます。やはり安全第一でしょう。
 
QSLは1IOTA当たりOQRS 5USDと考えておけばよいと思います。
 

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-08-24) 未交信局へのQSPとNow QRT! | トップページ | 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-08-24) 未交信局へのQSPとNow QRT! | トップページ | 北極海 IOTA DXpedition 流行の要因 »