World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« ハムフェアIOTAブースへのご要望 | トップページ | DicksonからAS-054 Firnley Islandsを調べてみました »

2018年8月28日 (火)

RI0B 2018 遠征日記(2018-08-27) 9月4日Dickson到着予定

昨晩、8月27日にメンバー3名がArkhangelsk(アルハンゲリスク)を出航したとUA9KDFの日記に投稿されました。Googleで和訳しました。ロシア語の和訳です。精度はご勘弁ください。

8月27日 09-00 MSCヨット「使徒アンドリュー」はアルハンゲリスクの港を出発し、ディクソンに向かった。一方、ヨット乗組員は6人です。ディクソンへの道は約8日間かかります。
 
乗組員6人は最終的なメンバーで現在は3人、残り3人はディクソンから参加します。残りメンバー3人は9月5日にディクソンへ到着します。前日の9月4日にヨットはディクソンに到着する計算です。
As054_1_2 Arkhangelsk(アルハンゲリスク)からAS-005 Dickson(ディクソン)までは2,100kmを8日間。AS-005 DicksonからAS-054までは800kmです。割合計算をしますと3.1日となります。
 
9月6日(木)にディクソンを発てば計算上ではAS-054到着は9月9日(日)になります。もちろん、風向きや流氷などで遅れる可能性はあります。出発が遅れればその分ずれていきます。
 
北極海の氷は10月中旬にはこのAS-054周辺にも押し寄せてきます。約1か月で7カ所寄港(島)予定ですから上記マップの800kmの間を移動を含めて30日÷7拠点=約4日となります。トラブルなしの場合のシミュレーション結果です。運用時間は意外と少ないと思います。
 
最初のAS-005 Dickson Islandは八木アンテナをあげて基地を作ってという方法ではなく、ヨットを島のハーバーに横付けして運用する程度のRT9K/MMの延長のような運用になるのではないかと思います。一刻も早くAS-054へ上っていただいた方が有利でしょう。

« ハムフェアIOTAブースへのご要望 | トップページ | DicksonからAS-054 Firnley Islandsを調べてみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハムフェアIOTAブースへのご要望 | トップページ | DicksonからAS-054 Firnley Islandsを調べてみました »