World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-20) All antenna set up | トップページ | AS-149 RA/JA8COE Moneron Island plan 中止 »

2018年8月21日 (火)

RI0B 2018の装備を調べてみる

UA9KDF Igorさんは昨年の第1回 RT9K/9 AS-005(Feb 2017)、第2回 RI1F EU-190 (Oct 2017)、そして第3回をRI0B 2018として実行しようとしておりますがウエブに掲載されている装備を調べてみました。特にアンテナを確認します。

 
RT9K/9 2017(第1回)
CW, SSB and DIGI (PSK, APRS, Pactor) on 40-10 meters as RT9K/9.
3 sets of TS-590S transceivers, DI-03 interfaces, sets of band filters, EXPERT 1.3K-FA amplifiers, and also SteppIR BigIR DX antennas, specially developed AD-DXpedition antenna by UA2FZ for 30-10 m (2 pieces). The digital modes site - DigiMaster Pro3, SCS P4 Dragon DR-7400, SCS
Tracker, Macbook Pro, etc. QSL via RX9KM. Expedition pilots DL8RCB and RA3CQ.
Yamaha 2.7 kW generators - 3 pcs
 
Log to search: RT9K/9/AS-005 (2泊3日)
764 QSOs logged between 2017-03-07 13:18Z and 2017-03-09 09:06Z
--------------------------------------------------------------------
 
EU-190 RI1F(第2回)
Transceivers:
TS-590 - 2 pcs with interfaces
ICOM IC-706MK2G 1 pcs with interfaces
Elecraft K3 - 1 pcs
FT-857 - 1 pcs (spare)
MB1 Expert Electronics HF 6m and 2m SDR transceiver  -1 pcs
Amplifiers: Expert 1,3K-FA (1,5 kW peak, 9 kg) - 4 pcs
Antennas:
Vertical 17 m. tall with tuner for 80-160 m,
RX beverages for 3 directions,
6 el yagi for 20-10 m (including WARC) DXer-206 on 12m tall masts - 2 pcs,
Inverted «V» for 30-40m - 2 pcs,
Inverted  «V» for 80-160m - 1pcs,
SteppIR BigIR+80m coil - 1 pcs
Spiderbeam 20-17-15-12-10m - 1pcs
HDDelta Loop for 80-10 m - 1 pcs
Coax cable 50m - 8 pcs
Power:
Generator YAMAHA 2,8 kW petrol - 2 pcs
Generator 6,5 kW diesel - 1 pcs
 
Log to search: RI1F/EU-190 (4泊5日)
11,359 QSOs logged between 2017-10-04 19:09Z and 2017-10-08 10:07Z
---------------------------------------------------------------
 
RI0B 2018(第3回)
Two sets of equipment: TS-590 , Expert 1,3K - FA  , microham CW keyer ,  computer, antennas   DXer 206, Inv-v 30-40      ( CW-SSB  40-10 м )
One DIGI set: IC-706MK2G,  microham DIGI KEYER 2 , TNS pator  Dragon 7400,  iMac , SteppIR BigIR DX ( FT-8, PSK-63, CW  40-10 м )
Band filters - 3 pcs
MVA generators  DG-6500  - 1 pcs
Yacht  «Apostol Andrey» – 1 pcs
 
3つのペディションのアンテナは基本的には変わらないようですが、目的で大きく変わっているようです。第1回は10数台のスノーモービルで移動するという行動をしたためにAS-005に辿り着くことが精一杯で終わりました。
 
第2回はIOTA DXpedition EU-190と合わせてDXCCのバンド別サービスが入ったためにアンテナ設備が増加しました。6エレ八木のDXer 206を2基というところがポイントと思いました。14MHzCWで交信された局はこのアンテナでしょう。
 
1.9/3.5/7/10MHzはIVを使用していますのでこれにお世話になったか否か。第3回も同じ仕様ですのでEU-190を落とした局は心して臨む必要があります。
 
第3回の今回は第2回に比べとてもシンプルな構成に変わりました。リグは2基運用です。アンテナはDXer 206と30mと40mのIVを1セットずつです。もう1基にはSteppIR BigIR DXがつながれ、FT-8やCWを運用するようです。
 
DXer 206のウエブは次の通りです。
移動用のコンパクトアンテナで、20/17/15/12/10mバンド仕様です。18MHzも運用しそうですね。このビームに活躍して欲しいですね。
 
SteppIR BigIR DX
FT8とCWを交互に運用しそうですね。
 
「ビーム vs ビーム」ならばあまりアンテナは気にする必要はないと思います。アパマンアンテナユーザーの場合は、ペディショナーがビームを持って行って運用するか、「ビーム vs アパマンアンテナ」か「DP/GP vs アパマンアンテナ」で大きく結果が変わります。
 
この10日間くらいはUA9KDFの書き込みが広範囲に多くなっています。例えばAS-065 RT65KIへのドネーションにも「RT9K TEAM UA9KDF」と協力しています。

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-20) All antenna set up | トップページ | AS-149 RA/JA8COE Moneron Island plan 中止 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-065 RT65KI Idlidlya Island plan (2018-08-20) All antenna set up | トップページ | AS-149 RA/JA8COE Moneron Island plan 中止 »