World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 真備町のハム | トップページ | OC-213 YB3MM/8 Waleakodi Island plan (8/18-21) Now »

2018年8月17日 (金)

RI0B 遠征日記 8月14日

RI0BのリーダーであるUA9KDF Igorさんが「RI0B遠征日記」の記載を開始しました。
原文はロシア語のため、Googletranlateにて和訳します。正確でない表現も含まれます。
 
RI0B遠征日記 8月14日編
8月14日に、 Apostol AndreyヨットのキャプテンであるNikolai Andreevich Litauは、サンクトペテルブルクからArkhangelskへ向かいました。チーム全員がチケットを決定し、取った。イゴールUA9KDF、アンドレイUA9LDD、ミハイルUA1QV - 8月23日にアルハンゲリスクで会う。私たちは8月25日から26日にアルハンゲリスクを出発してディクソンに行く予定です。Victor RW0BG、Andrei UA0BA、Igor Kuznetsovは、9月5日にNorilskからDixonに到着します。
 
かみ砕きますと、
「8月14日にヨットApostol Andrey号のキャプテンであるNikolai Andreevich Litauは、(係留地の)サンクトペテルブルクからArkhangelsk(アルハンゲリスク)へ向かいました。また、チーム全員が(集合地までの)航空機チケットを決めて発注しました。
 
イゴールUA9KDF、アンドレイUA9LDD、ミハイルUA1QVの3名は8月23日にアルハンゲリスクで合流します。私たち3人は8月25日から26日にかけてアルハンゲリスクを出発してディクソンに行く予定です。
 
また、Victor RW0BG、Andrei UA0BA、Igor Kuznetsovは、9月5日にNorilskからDixonに到着します。」と、以上です。
 
当初メンバーは8名ですが、8月14日編では6名が9月5日までにDicksonに集合するまで説明されています。残り2名のR9LR Vladimir VasilievとR3CN  Captain Nikolay Litauは不参加となるのかもしれません。
 
Dicksonの町はロシア本土と対岸のAS-005 Dickson島を含みます。滑走路はDickson島にあり、ホテルなどは本土側にあります。AS-005 RI0B Dickson Islandの運用は不明ですが、アルハンゲリスクからDicksonまでの航路上ではRT9K/mmで運用されるようです。
 
Marshrut_7 Arkhangelsk(アルハンゲリスク)を8月25-26日に出発。Dicksonの到着日は不明ですが、9月5日に他の3名が合流します。航路では1週間から10日はかかると推定できます。合流までの間、AS-005 RI0Bをサービスする可能性も高いと思えます。
 
最初の目的地である一番遠方のAS-054に到達するのは9月10日以降と予測できます。昨年2月のRT9K/9のようにAS-005のみの運用で引き返さないことを祈りましょう。(笑い)そして、Good Condxも祈りましょう。

« 真備町のハム | トップページ | OC-213 YB3MM/8 Waleakodi Island plan (8/18-21) Now »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真備町のハム | トップページ | OC-213 YB3MM/8 Waleakodi Island plan (8/18-21) Now »