World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OC-161 YC6RMT Nias Island resident station 紹介 | トップページ | OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT »

2018年9月 2日 (日)

2019年6月のNew IOTA追加について

JA9IFF中嶋さんより、先日の表題の件についてG3KMA Rogerの文章訳が間違っているとのご指摘をいただき一部訂正しました。
 
「ドイツのFriedrichshafenにて6月21-23日に開催されるハムフェアのRSGB 
Conventionにて発表するそうです。」を、
 
「今年10月12-14日に開催される RSGB Convention で議論され、来年6月21-23日
に開催されるドイツFriedrichshafenのハムラジオにて発表するそうです。」へ訂正しました。
 
そのメールの中に中嶋さんもAS-117(Honshu's coastal Islands)の分割を提案する考えをお持ちのようです。私も以前より当ブログで書いておりましたAS-117の分割案を中嶋さんに相談して出したいと考えておりました。中嶋さんに一任します。
 
G3KMAの文章の中には「5ないし10件、EUは整理されているので増加はないであろう」とあります。AF/AN/AS/EU/NA/OC/SAの7大陸を基準に1~2件の割り当てが考えられます。
 
ANは仮番号の3IOTAの未消化と29件の仮番号無しのIOTAがありますのでここも対象なしと思われます。SAも前回の11件のNewにSA-100Pがプランもなくまだ残っています。
 
前回の2014年6月時には中嶋さんのRSGBに対する存在感とご努力もあったのでしょう。AS-200 JA5 Shikoku's coastal's IslandsがAS-076 JA5 Shikoku Islandから分割しました。
 
IOTAプログラムは市場という見方をしていないと思いますが、JAはIOTA申請者数が相当に増加しW、DLについで3番目の数です。さらにおおきなチャンスと考えてJAの分割を考えて市場を強化することを考えても良いと思います。
 
また、JAはIOTA申請者の増加実績のみならずハム数も多いという市場です。このことはIOTA Ltdにとっても大きな成長性を感じられると思います。
 
2018年1月末時点でJAは195局です。200局は欲しいところです。まだ、IOTA未交信で申請ができる方は9月中に新規申請してください。JAの勢いがIOTA Ltdへ伝わると思います。皆さんと応援したいですね。

« OC-161 YC6RMT Nias Island resident station 紹介 | トップページ | OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-161 YC6RMT Nias Island resident station 紹介 | トップページ | OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT »