World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-03) Dickson soon »

2018年9月 3日 (月)

2019年6月のNew IOTA追加について その3

「早い!」

この朝にJA9IFF中嶋さんよりG3KMA宛の2019年6月からのNew IOTA追加の申請メールをCcにていただきました。しかもお一人で2件も提案されていました。シンプルにまとめてありますので参考になります。
 
提案の1件目はAS-117の2分割(日本海側と太平洋+瀬戸内海側)です。キュウリを縦に切るように本州島を青森から山口まで分けます。県及びコールエリアが日本海・太平洋+瀬戸内海に面しているところは注意が必要です。例えば県は青森、兵庫、山口です。
 
そのため、提案するためには詳細な島名リストを管理しておかないと現実には勝ち抜けることができないと思われます。面倒臭く思われますが、ここがIOTAの一番面白いところだと思います。島名やそのリストがとても重要であることが理解できます。
 
2014年6月のAS-200 Shikoku's coastal Islandsが分割したときも中嶋さんが県別に島名の詳細リストを提出されました。IOTA DirectoryのAS-200に187島が掲載されました。
 
 
中嶋さんの提案の2件目の島に関して、私は全く存じ上げませんでした。こんなところにこんな島があるんだと初めて知りました。本体のIOTAの島から100km以上離れて同じIOTAであることにとても新鮮味を感じましたのですぐに調べました。
Jaiotaその島の写真です。上陸できるか疑問に思い、過去のActivationを調べましたらIOTAウエブのリストに運用が1回のみ有りました。可能性があることを感じました。
 
島名に関するさらに一段階深い知識を付けられると、この提案を作成できるアイデアが芽生えると思います。この島のIOTA番号や島名は伏せておきます。
 
対G3KMAの立場で考えますと、あと一人か二人くらいJAからの提案があれば中嶋さんの提案を援護(?)できるような気がしております。応援したいですね。
 
私も無い知恵を絞って提案を考えてみたいと思います。皆さんもJAのみならず、交信しやすいオセアニアや東アジアで追加提案できるようなIOTAはありませんでしょうか。
お持ちの場合は中嶋さんに相談されると良いでしょう。
 
10月1日がG3KMAへの締め切り日です。
 
【追記】
2番目の提案はJA1のK-OMからだそうです。

« OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-03) Dickson soon »

コメント

写真を見てすぐにピンと来ましたが、2番目の提案の島は全体が某企業の私有地である上に米軍の爆撃目標でしょ。
アマチュア無線の運用等、本当に可能なのでしょうか。許可等がおりたとしてもたどり着くのが相当、大変な上、健康への影響も心配ですね…。
個人的にはできることなら一度行ってみたいものですが。

本文にも書きました通り、既にIOTAウエブの該当IOTAのActivationリストに運用されクレジットを受けていますね。島名を検索できます。JA1エリアの局が移動運用をされています。ただし、本体のIOTAのクレジットが25%を超えているために承認の必要性「No」となっておりValidationをすり抜けたようですね。
 
万一、来年6月にAS-20*と分割して独立すれば、そのクレジット済み分はValidationチームからエビデンスの提出を求められることになります。さらに、AS-20*Pの1st activation後にクレジットを受けられるようになった時点で併せてクレジットを受け付けられるようになると思います。(昨年のEU-190 RI1F Victorya Islandの対応がそうでした)
 
詳しく調べますと「立ち入り禁止」のようです。

JD1小笠原諸島AS-031を、小笠原群島と火山列島に分割するのも一案ではないでしょうか。
これも100kmくらいは離れているようですし、硫黄島の方がアクティビティがあるでしょう。

いま一生懸命に勉強していますが、AS-031 小笠原諸島、そしてAS-030 火山諸島(also Valcano Islands)と既に分かれて付番されているようですが。AS-031 小笠原諸島はChichi、Haha、そしてKuko Islandsに分類されています。

あ、失礼しました。そのとおりです。これは分かれていて当然でした(と思います)。

ほっとしました。ありがとうございます。
でも、いろいろと意見が出てきてとても良いことだと思います。
島名でIOTAを楽しまないと、この話題には乗れないと思います。まさに「IOTA学」としてのポイントだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-174 DU1IST/9 Bongao Island Twai Twai group QRT | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-03) Dickson soon »