World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« AS-054 R0B Firnley Islands Yuzhnyy Islandレポート | トップページ | AS-036 JE6HCL/6 Orono Island 出発しました »

2018年9月14日 (金)

AS-162 3W9JK Cham Island by SP5APW (9/15-22)

ポーランドのIOTAチェイサー、ペディショナーのSP5APW JacekさんがベトナムIOTA AS-162 3W9JKを15日から22日まで運用します。昨年、一昨年とDU-IOTAを運用され、2018年版のIOTA DIRECTORYのIOTA DXPEDITIONSのコーナーでも紹介されています。今回も奥様のMariaさん同行です。

 
スパイダービームも持参されているでしょう。最近はコンディションの関係でしょう14260での運用が多いように感じます。
 
2012年春にJA-IOTAとのSkedに参加され、希望されましたAS-041、AS-147、AS-012、AS-036、AS-040、AS-023、AS-024と7件総なめで交信されました。あの頃は今より随分とコンディションが良かったんですね。
 
Facebook Messengerにて連絡可能ですので交信希望局がおられましたらご一報ください。14MHzSSB、18MHzSSB、21MHzSSBになると思います。一週間の滞在ですからワッチさえすれば見つかると思います。DUのときは夕方と朝の運用が多かったです。
 
【追記】
ご本人よりメッセージをいただき、AS-162 3W9JK Cham Islandが正しく、ベトナム本土で利用する場合が3W9JK/Pだそうです。

« AS-054 R0B Firnley Islands Yuzhnyy Islandレポート | トップページ | AS-036 JE6HCL/6 Orono Island 出発しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-054 R0B Firnley Islands Yuzhnyy Islandレポート | トップページ | AS-036 JE6HCL/6 Orono Island 出発しました »