World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« もしもAS-117が分割したら、9か月後のお話です | トップページ | RRC 25周年記念ミーティングの報告 »

2018年9月29日 (土)

OC-146 & OC-236 Sulawesi Islandの地震と津波

2018年9月28日、日本時間午後7時過ぎに「インドネシアのスラウェシ島に3メータの津波」のニュースが飛び込んできました。

 
AS-117 Honshu's coastal Islandsの件を終えて、OC-236 Sulawesi's coastal Islandsの分割案を昨晩作成していたところでした。スラバヤのYB3MM Adhiさんやスラウェシ島BitungのYB8RW Dinさんに相談してみようとしていた時でした。10月1日にまだ間に合うと思っていました。
 
この朝のFacebookの情報です。YB8RW Dinさんが投稿していました。
Oc146_0 
細かい情報は掴めませんが、YB8RW Dinさんはとりあえず無事で上記の「PRAY FOR PALU & DONGGALA SULAWESI TENGAH」と発信していました。それに付帯したコメントの書き込みにはスマホの画像なども投稿されていました。
 
スラウェシ島のSULAWESI TENGAH地区のPALUとDONGGALA(の被害が少ないこと)を祈るという意味でしょう。
 
Oc146_1「SULAWESI TENGAH」はこのマップの朱色でペイントされた地域です。YB8RW Dinさんはスラウェシ島の最北東端のBitungに住んでいます。YB8BRI RamさんやYB8HZ Hajarさんは真反対のMakassarにお住まいです。直接の被害はどちらもないようです。
 
この文章作成中にYB8RW Dinさんよりメッセージが届きました。まずは無事のようです。被害の詳細がまだわからないようですが、津波の被害が相当でているようです。
 
「The tsunami that occurred in Central Sulawesi since last night was very difficult to get communication because it broke up and all the electric lights went out until this morning, balum got certain information about how things were there, hopefully not many victims, maybe this morning the rescue team arrived there to help them there, the distance from my position is around 1250km.」
 
Facebookを経由して世界中に部分的に情報が届き始めているようです。
 
OC-236 Sulawesi's coastal Islandsの分割どころではなくなってしまいました。OC-146 Sulawesi Islandは以前にもご紹介しました通り、AS-007 Honshu Islandより少し小さいくらいの面積です。Dinさんも1,250km離れていると言っています。
 
被害が少ないことを祈りましょう。私のところも明日の台風24号対策のため、ベランダ等の片づけを行います。

« もしもAS-117が分割したら、9か月後のお話です | トップページ | RRC 25周年記念ミーティングの報告 »

コメント

あの津波の映像からすると・・・被害は大きいですね。
私がお世話になった局では、YC8NLF が Palu です。
皆さんの無事を祈ります。

YB8RW Dinさんをはじめとして、アクティブなYB局には被害がないようです。しかし、Paluはハムが結構多いです。海岸近くにいた人や住んでいる人は被害に遭う可能性が高いと思います。地震による建物の崩壊も見受けられました。私たちは台風24号に被害対策を十二分に行う必要があると思います。
 
OC-236の分割案は5年後に延ばすことにしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もしもAS-117が分割したら、9か月後のお話です | トップページ | RRC 25周年記念ミーティングの報告 »