World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« YV-IOTA QSL情報 | トップページ | AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-09-07) At home »

2018年9月 7日 (金)

RI0B 2018 遠征日記(2018-09-06) チーム合流

UA9KDF Igorさんの日記をGoogleで和訳したものです。9月5日と6日分です。ロシア語はさっぱりわかりません。Google頼みですが、訳文に妙なところがたくさんありますが、ご自由に意訳なさってください。

9月5日セーリングリグの修理を終え、水を補給しました。ヨットは出発の準備ができています。ノリリスクからの飛行が遅れたため、3人のチームメンバーがいなくなったため、ディクソンへの遠征が遅れる理由があります。今日は飛行機が9月3日に到着しました。明日は飛行機に着陸すると約束しています。
 
今日、私たちは20メートルの空気の上を移動しようとしました。ヨットはフローティングクレーンに係留されています。巨大な鉄がすべて消えます。最大のRL2Dが559で聞こえました。約20回のQSOを費やして、通信員を怒らせていたことに気づきました。海に行ってみましょう。
 
Firnley AS-054の最も遠い島に9月6〜7日を残す予定です。到達するまでに約4日かかりますが、最もアクセス不能なものです。働いて、私たちは早く計画されたルートに戻ります。
 
9月06日 Norilskから飛行機が到着しました。チーム全体がディクソンに力を入れている。海への出口は、現地時間9月7日、09-00に予定されていた。計画は変わりません、AS-054 Firnley Islandに行きます。気分は良く、天気は普通です。
 
先発チーム3名は現在ディクソンに滞在しています。9/5に合流予定のVictor RW0BG、Andrei UA0BA、Igor Kuznetsovの3名がNorilskから1日遅れで6日にDicksonへ到着したようです。
 
AS-005から運用するのか、それともAS-054へ向かうのか判断がしづらいところです。7日にAS-054へ向かった場合は10日到着の予定になります。9月7日の日記に詳細が記され.る予定です。
 

« YV-IOTA QSL情報 | トップページ | AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-09-07) At home »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YV-IOTA QSL情報 | トップページ | AS-065 RT65KI Idlidlya Island (2018-09-07) At home »