World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« AS-104 RI0B Nansena Island (2018.09.17) | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-18) AS-087へ »

2018年9月18日 (火)

RI0B 2018 info (2018-09-18) From AS-104 to AS-087

IOTA-chasers ForumにVK5MAVが本日午前8時40分(JST)に投稿しました。

 
by RA3CQ today, few hours ago:
 
Finally, the main generator failed. Second half of last day they worked using 100 Watts only.
Tomorrow they will leave AS-104 and go to AS-087.
AS-068 won't be activated - they are coming out of the schedule.
The yacht has to get back to St. Petersburg before the 7th of October, otherwise the floodgates will be closed.
The trip to AS-087 will take about 2 days.
There the yacht's main generator will be dismantled and RI0B should be back on track with appropriate power.
If no luck - they will continue with 100 W. Same 3 operation positions will be used.
 
まず、しっかりした和訳ではありませんので、それはご自分でしっかりやってください。
 
RRCチームのRA3CQからの伝言のようです。
メイン発電機故障のため、100ワット運用のようですね。明日19日にAS-104からAS-087 Arkticheskogo Instituta Islandsへ向かうそうです。
 
10月7日までにSt. Petersburgへ必着しなければならず、水門が締め切られてしまうそうです。このへんの情報は初めてでてきました。なにかの間違いと思いましたがIOTAのサービス拠点が多すぎるしわ寄せですね。おしりがこうなるであろうと思うところありでした。逆算してみました。
 
行きの8月14日にApostol Andrey号は、係留地のサンクトペテルブルクからArkhangelsk(アルハンゲリスク)へ移動しました。約10日かかっています。そのアルハンゲリスクで3名を乗せて8日間かけてディクソンへ到着しました。停留日を除いても2週間以上かかっています。
 
AS-087からディクソンに寄港するでしょう。補給と、ここから加わった3名を下すはずです。次のアルハンゲリスクに寄港する間が無いと思われますので6名全員がディクソンで下船する可能性があります。
 
AS-104を19日に向かって20-21日運用し、22日に出発し、ディクソンに寄港して戻れば10月7日にサンクトペテルブルクに間に合うでしょう。でもぎりぎりでしょうね。AS-087の時間が削られる可能性が高いです。AS-068とAS-005は完全にオミットせざるを得ないです。
 
AS-087をぜひ交信したい方は9月20日のみと考えたほうが良いかもしれませんね。しかし、AS-087がキャンセルになる可能性も少し出てきているような感じもあります。
 
白海に面するアルハンゲリスクで終了のような気がしますが、実際にはスカンジナビア半島をぐるっと回ってデンマークの首都コペンハーゲン横のエーレ海峡を抜けバルト海を通過したフィンランド湾に面したサンクトペテルブルクに10月7日までの入港期限ですから。
 
北極海の厳しさと、スケジューリングの作りづらさと、現地はたいへんだと思います。大幅な変更はやむをえないでしょう。でもやはり欲張りすぎの当初プランと思います。
 
【追記1】
AS-104からAS-087に寄って、やはりDicksonで補給並びにメンバーの下船を行いサンクトペテルブルクまでの総距離は6,525kmでした。ヨットの速度は10.5km/hでしたので掲載すると、 6,525 ÷ 10.5 =621.4時間です。日に直すと621.4 ÷ 24 =25.9日になりました。
 
明らかに10月7日前までの到着は不可能という計算です。最速20km/hまで出ると仮定したら6,525/20=326時間、13.6日のちょうど2週間です。Dicksonでの補給時間などを考慮するとAS-087の運用時間は限りなく少なくなりそうです。あくまでも仮定です。
 
As104_1この船の船長は8月14日にサンクトペテルブルクを出ています。2か月近くかかることが分かります。さらにヨットでのAS-054 R0Bエリアへの航行は滅多にないのでは、おそらく初めてかもしれません。2019年以降にR0B-IOTAへのペディションが増加する予感がします。
 
【追記2】
翌日9月18日深夜のUA9KDFの日記に10月15日前までにサンクトペテルスブルグへと報告されました。AS-087は実行され、ディクソンやアルハンゲリスクにも寄港しての予定と報告されました。

« AS-104 RI0B Nansena Island (2018.09.17) | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-18) AS-087へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-104 RI0B Nansena Island (2018.09.17) | トップページ | RI0B 2018 遠征日記(2018-09-18) AS-087へ »