World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« AS-042 RI0BC Bolshevik Island (2018-10-01) | トップページ | パイロット局の要請 »

2018年10月 2日 (火)

IOTA Validation Teamの業務を理解しよう

2018年8月に実施されましたAS-065 RT65KI Idlidlya Islandの運用はJAへ強力な信号を送り込みたくさんの局が交信され、QSLカードの発行/到着を待っておられることと思います。

 
実は私たちがQSLカードを受領して、またはClub Log MatchingによりIOTAクレジットを得るために「その運用を証明するための重要な手続き」が実施されていることをここに紹介します。
 
1990年代はIOTA運用の計画書を事前にIOTA Committeeへ提出し、終了後も上陸証明などのエビデンスを送付して運用者自身が手続きをしなければいけませんでした。郵送でのやりとりでした。RSGB IOTA Committeeの中にそれを担当するValidation担当がいました。
 
時代の変遷に伴い、メールでのやりとり、運用の増加、さらにスピーディな手続きが求められるようになり、現在はIOTA Validation Teamとして担当しています。Club Log Matchingシステムへの登録促進と合わせて、概ね過去分をVE3LYCが、新規分をK3EST Bobさんが担当されています。
 
2018年9月16日付けのRT65KIのウエブのNewsレポートにValidation TeamからIOTAクレジットOKの承認をいただいたという喜ばしい記事が掲載されました。
 
「Today received a message from the manager IOTA K3EST.
"Dear Victor!
Thank you very much for all the great photos and documents! The website is also very informative. Thank you for the link.
What a great job the team did from this rare IOTA.
 
The activation of AS-065 as RT65KI is approved/validated for IOTA credit!
 
Congratulation to all involved!
 
Best 73,
Bob, K3EST
IOTA Validation Team"」
 
IOTA Validation TeamのK3EST BobさんからのAS-065 RT65KI クレジット承認を知らせるメールをそのまま、おそらくコシックはUA3AKO Victorさんが付したものと思います。
 
このニュースは本当はAS-065をRT65KIにて初交信の局は飛び上がって喜ぶほどの価値あるニュースなのです。運用が提出され、IOTAクレジットを確実に受けられることになった訳ですから。
 
K3EST BobさんはIOTAクレジット率25%未満のIOTA運用に関してValidation必要と判断されましたIOTA局へメールを送られ、例えばProvisional IOTA運用の場合は1000局交信や5大陸交信、上陸の証明写真などなどの提出依頼を地道にされています。
 
残念ながら2割は返事がないと言われていました。相当細かいちょっとした運用やIOTAか否か怪しい運用も存在するようです。私自身も10年程前にフィリピンやインドネシアなどのIOTAペディション支援をするときに「証明書の準備」を口酸っぱく説明しておりました。
 
1999年にUA0IAS/0の3つのIOTA運用のエビデンス提出がされず、メールがないために個人的にIRCを入れたエビデンス提出の依頼を2度送りました。1回返信をもらいましたがIOTAプログラム理解されずを非難されていました。私も必死でした。
 
JA9IFF中嶋さんより、RSGB IOTA Committee(当時)より郵送でValidationに関する依頼状が送られていることをお聞きして、IOTAプログラムの素晴らしさをとても強く感じました。以来、20年近く経過しますが、IOTAプログラムの素晴らしさが染みついて楽しんでおります。
 
K3EST Bobさんが一生懸命に頑張っておられます。コンタクトの機会がありましたならば応援してください。

« AS-042 RI0BC Bolshevik Island (2018-10-01) | トップページ | パイロット局の要請 »

コメント

K3EST Bobからのメールは、承認の文章部分のみボールドの文字修飾を付けて出していますので、決して Victor が付け加えた物ではありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-042 RI0BC Bolshevik Island (2018-10-01) | トップページ | パイロット局の要請 »