World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« IOTA Validation Teamの業務を理解しよう | トップページ | 長野・徳島・佐賀・宮崎リストの紹介 »

2018年10月 3日 (水)

パイロット局の要請

ロシアの友人から昨晩にメールが届きました。Russian Robinson Clubの勢いが止まらないようです。11月にNew IOTA(Provisional)からの企画が完成まじかとのこと。EU/NAのPilot局が決定し、JAのPilot局も検討したいとのことでした。

 
その理由は、私が今年の5月に運用されましたC98RRCとC96RRCと交信できなかったために心配してJAのPilotをおいてはどうかという相談でした。情けないやら嬉しいやらでした。
 
C9-IOTAの二つは実力で聞くことすらできませんでした。新しいプランは少しJAに近いですが、残念ながらJAにPilot局を置いてもここもほぼ交信できないと予想しております。
 
このプランの中にEU/NAにはすでにPilot局を決めているとありました。またまたEU/NA中心になってしまうのかと思い、私が交信できるように環境を整えることなどは考えずに、昨晩中にJAの1名を推薦しましたが残念ながら、引き受けられないとの回答を先ほどもらいました。
 
このまま、ロシアの友人へJAのPilot局は置かないと結論を送ろうと思いました。しかし、またまたCQ EU/NAと同じではないかと思い、固有名詞を完全に伏せて、当ブログにお知らせし、Pilot局の募集をしてみることとしました。
 
とても不明確なお知らせで申し訳ありませんが、ある程度の設備をお持ちで、11月初めに4~5日ほど休暇がとれPilot局を引き受けてもよいという方がおられましたならばメール等でご一報ください。(jn6rzm(アットマーク )nifty.com) 10月4日午後3時までにお願いします。
 
【追記】
10月3日の昨晩、調整がつきました。4日早朝にロシアの友人からもご了解いただきました。近日中にニュースリリースされると思います。Provisional IOTAですので全員New IOTAになります。EU/NAのPilot局に加え、JAのPilot局誕生はとても喜ばしいことと思います。
 
詳細が発表されるまでは一人漫才のような記事ですね。(笑い)

« IOTA Validation Teamの業務を理解しよう | トップページ | 長野・徳島・佐賀・宮崎リストの紹介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Validation Teamの業務を理解しよう | トップページ | 長野・徳島・佐賀・宮崎リストの紹介 »