World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« FO-IOTA コンプリートに失敗 | トップページ | OC-297 & OC-113 important news thru IOTA-chasers Forum »

2018年12月22日 (土)

CLUBLOGマッチングで20年以上前のログがマッチング

今週初めにJA2のG-OMより表題のタイトルでメールをいただいておりました。
私は前日にOC-113 TX0Aと交信できず放心状態となり、またたまった野暮用を片付けていたためにブログへの投稿が遅れてしまいました。
 
EU-063 JW5EBA Hopen Islandでした。交信年月日は1994年6月4日でした。24年前、四半世紀近く前の交信です。JW5EBAを調べますと、LB2TB(also LA5EBA)が1994年6月16-20日の運用をしていました。
 
LB2TBのQRZ.comには1982年にEU-002 LA5EBA/OH0、2016年にOC-003 VK9CKなどを運用しています。IOTAウエブをチェックするとEU-002は未登録、OC-003 VK9CKは登録されていますが同じコールで数回運用されていますので本人か否か不明です。
 
G-OMは12月に入ってClub Log Matchingを実施したところ見事にマッチングヒットをしたそうです。そして、コールと交信年月日をもとにQSLカードを探したらビューロー経由で受領されていたそうです。
 
G-OMも残念ながらVE3LYC等が運用するOC-113 TX0Aと交信できなかったとコンディションの厳しさを言われていましたが、この24年前のEU-063 JW5EBAのClub Log Matchingの責任者であるVE3LYCを経由してマッチングシステムに登録されていたという奇縁を感じてしまいました。
 
定期的にClub Log Matchingの確認が思わぬNew IOTAをヒットさせることが現実に起きています。JW5EBAが直接というより、VE3LYCが過去分のClub Log Matchingの登録推進をされています。珍しいIOTAへ行ったり獅子奮迅の活躍です。
 
AS-117やAS-012などの運用で国内のみであっても積極的にClub Logへの登録、Matchingシステムへの申請を積極的にやっていただきたいです。しかも20年前、30年前などでもよいと思います。どこかのだれかに長い時間をかけて喜びを与える可能性があります。

« FO-IOTA コンプリートに失敗 | トップページ | OC-297 & OC-113 important news thru IOTA-chasers Forum »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FO-IOTA コンプリートに失敗 | トップページ | OC-297 & OC-113 important news thru IOTA-chasers Forum »