World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« IOTA Directory 2018(製本分) を追加修正してみました。 | トップページ | OC-113 TX0A Maria Est Atoll 運用開始 »

2018年12月12日 (水)

OC-113 TX0A Maria Est Atoll 到着

日本時間2018年12月11日午後1時過ぎにOC-297 Morane Atollを出発したチームは日本時間の12月12日午前6時過ぎにMaria EST Atollに到着しています。現在はAtollの南側から反時計周りで北側を回っています。停泊地をサーベイしているようです。

 
Oc113_8
左上から右下の直線はPonapeeteからRikieraへ飛んだ航路がそのまま残っています。そうです。彼らはすでに12月5日に上空からMaria EST Atollを見ています。
 
12月7日に発信されましたNEWSの予定にあります12月12日0500UTCくらいからの運用に関しては明らかに遅れを取り戻したと判断して良いようです。午後から出てくるでしょう。
 
【追記1】
11 December 2018 - 20:00 UTCのNEWSがさきほど投稿されました。昨日はたいへんな苦労をしてMorare Atollを脱出したようです。潮の干潮で船が直接に外海に出られなくなったようです。また、本日午後2時からの運用に努力するがアンテナ設置の関係で30mと40mの運用からになりそうです。
 
Morane Atoll(OC-297)では船を環礁の切れ目になる水路に入れて停泊していたようです。そのため干潮時に脱出できなかったようです。ところがMaria EST Atollはこの環礁の切れ目の水路が全くありません。船は17日まで外海に停泊することになります。
 
また、荷物の搬入も時間がかかる可能性が高いでしょう。とにかく大変でしょうね。
 
【追記2】
Maria Est Atollを一周した後、日本時間12日の午前11時49分にここに決定したようです。やはり船を外海に錨を下すのではなく環礁の切れ目の水路に下したようです。
Oc113_9
おそらく食事やシャワー、ベッドは船の中のものを利用しているようです。JA側に緑の植物があり気になるところですが、調べてみました。
 
Oc113_10Googlemapで同じ場所を検索し、発信位置から森林までの距離を測定すると40メータありました。太平洋の真ん中の小さな島ですので、強風により高さはせいぜい10メートル程度でしょう。影響はあまりないと思われます。予定通りゴーサインできそうです。
 
【追記3】
少し森林側に移動しましたね。
Oc113_11電源は船から引っ張って使用しているのでしょうか。それの方が効率は良いと思います。HW? まもなく30/40mで運用開始でしょう。
 
【追記4】
雨が小降りになるまで待機しているようです。
Oc113_12赤い円は50mmの降雨を示します。OC-297の近辺です。出発が1日遅れればたいへんだったでしょう。Maria Est Atoll近辺は2.9mmくらいの普通の雨のようです。数時間するとやむと思われます。まもなく運用開始するでしょう。
 
【追記5】
Maria ESTの天気予報です。
Oc113_13日本時間の12日夕方から徐々に降雨量が減って明日の朝9時頃には止む予報です。

« IOTA Directory 2018(製本分) を追加修正してみました。 | トップページ | OC-113 TX0A Maria Est Atoll 運用開始 »

コメント

おはようございます。今朝早くから14.041.5CW,18.070CWで出てますが私のところではどちらも弱く、呼ぶのを控えています。キーイングから14CWがCezarでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Directory 2018(製本分) を追加修正してみました。 | トップページ | OC-113 TX0A Maria Est Atoll 運用開始 »