World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 47都道府県からのIOTA申請者、完成! | トップページ | 佐賀の次は青森です »

2018年12月25日 (火)

OC-143 YB4IR Sumatra Island が再開

2018年12月24日のFacebookにYB4IR Imamさんが自宅にタワーを建設している写真を投稿していました。

48408287_10216689639187701_41562989メッセージは「Imam YBfour IR Prepare.. back to.. on the air..」と無線に戻る準備をしていますでした。
 
自立タワーで底面の面積からして20メータの高さは超えそうです。アンテナは何をのせるかまだ分かりませんが、YB8RW Dinさんが各種コンテストで頑張っていますのでコンテストが中心になるかもしれません。まさか私がお世話したHX52Aをのせることはないと思います。
 
ペディション中にHX52Aが風で倒壊したことがありました。部品のサポートを打診しましたら、アルミパイプは各種とも山のように持っていると言っていました。自作の可能性が高いと思います。
 
IOTAペディションへも動くか、興味が集まるところです。OC-143 Sumatra Islandはクレジット率43%です。しかし、インドネシアでは郵便事故がもっとも多発している地域です。
 
Club Logの登録状況は、
Log to search: YB4IR
135,846 QSOs logged between 2003-10-19 01:42Z and 2017-03-12 14:46Z
さらに、Club Log Matching登録は OC-143 YB4IR にて利用できます。少し間が空きましたので運用を再開しましたら、Club Log登録を失念しないようにQSPしたいと思います。
新しくIOTAを始める方のために重要なOC-143と思います。
 
YB-IOTAの夜明けが始まりそうです。

« 47都道府県からのIOTA申請者、完成! | トップページ | 佐賀の次は青森です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 47都道府県からのIOTA申請者、完成! | トップページ | 佐賀の次は青森です »