World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-113 TX0A Maria Est Atoll 4日目へ (Last day) | トップページ | IOTA-chasersフォーラム利用のお勧め »

2018年12月20日 (木)

OC-297 TX0M & OC-113 TX0A Log search

2018年12月に実施されました表題の2局のログサーチが稼働しました。

 
●OC-297 TX0M
Log to search: TX0M
7,513 QSOs logged between 2018-12-06 05:23Z and 2018-12-10 21:41Z
(4 days 16 hour, 7513 ÷ 4D16H = 67.1qsos/H)
●OC-113 TX0A
Log to search: TX0A
5,133 QSOs logged between 2018-12-12 18:29Z and 2018-12-16 16:01Z
(3 days 22 hour, 5133 ÷ 3D22H = 54.6qsos/H)
 
先発のOC-297は開始から終了までは4日間16時間で1時間当たり67.1QSOでした。後発のOC-113は3日間22時間で1時間当たり54.6QSOでした。
 
私はOC-297と14MHzCWと10MHzCWの2QSOをログインしましたが、14MHzCWのみのヒット、OC-113は4日間ワッチした中で聞こえたのは3日目の0500UTC前後の1時間くらいでした。アパマンアンテナではこのコンディションでは厳しかったです。2016年1月のOC-286と同じようなコンディションでした。
 
たくさんのコメントとメールをいただきました。当ブログを数日お休みすると何かあったのかと心配される方からのメールが届きます。
 
今年のIOTAチェイシングはこれで終わりになると思いますが私の2018年IOTA newは4件の結果でした。かなり努力したつもりですが、コンディションの悪さと近場のNewが枯渇してしまったことです。2019年のIOTA New目標は2件です。
 
NA/EUの指定が多いというご意見とドネーションに関してのご意見が多いようです。
 
今回のFrench Polynesia 2018のデータを使用してドネーションの分析をしてみます。
 
●クラブ、団体 全部で10団体です。平均 500USDとすると5000USD(約56万円) 
GDXF  (Germany) EU
IREF    (USA)    NA
RSGB (UK)          EU
DXnews.com  (EU) EU
CLIPPERTON DX CLUB (France) EU
EUDXF (EU)  EU
CDXC (UK)   EU
SDXF (Swiss) EU
ORCA (VE) NA
DORNA DX GROUP (Rumania) EU
 
●個人 全体で175名です。平均 15USDとすると2625USD(約29万円)
EU 74 (1,110)
HL  1    (15)
HS  1    (15)
JA 44   (660)
NA 43   (645)
OC  6    (90)
R0  4    (60)
SA  2    (30)
-------------
175   (2,625)
 
クラブ、団体のうち、IREFとORCAはNAです。4X、5B4はEUに含めました。
 
EUは団体4000USD+個人1110USD = 5110USD (全体7625USDの67%)
NAは団体1000USD+645 = 1645USD (同じく21.6%)
JAは団体無し+660 = 660(同じく8.7%) と1割にもなりません。EU+NAで9割近くです。
 
勿論、団体の平均支援額500USDと個人のそれ15USDでのシミュレーションです。
 
さらに詳しく調べるとGDXFのメンバーはドイツ並びにその周辺国で1000名くらいいます。SDXFは200名超などです。重複やIOTAをやらないメンバーも含まれますので人数の上乗せデータはカットしますが、目安にはなると思います。
 
世界でIOTA申請者が第3位になったとご報告していますが、上記のシミュレーションの通りです。ペディショナー側から見ればJAは1割弱、EUは全体の2/3、NAと合わせて9割です。やはり、協力の度合いから見てもCQ EU、そしてCQ NAにならざるを得ないと思います。
 
さらに、さらに
Iota_2018_bast_20さらに2018年1月締めの年次リストから作成しました国別順位表を見ていただくと、全体の申請者数が1675局、JA196局など黄色のASが274局(16.4%)、赤色のEUは1019局(60.8%)、緑色のNAは322局(19.2%)と上記のFrench Polynesiaのシミュレーション数値と近似していることも分かります。
 
これがJAから見て「CQ EU/NAばかり」を感じる理由でしょう。さらにIOTA-chasers Forumに多くのJAに登録していただくお願いをしていますが、なかなかされないのでIOTA運用がEU/NAオンリーになりがちである要因ではないかと思います。
 
基本的にCQ EUへの対応としてはもっとローカルのお友達に声を掛けていただきJAからのIOTA申請者を増やすということでしょう。さらにCQ NAの対応としてはJAのみならずHL/BY/BV/R0/DU/YB/VKなどのお友達へもIOTAの面白さを伝えることだと思います。
 
そして、近い将来にはJAのIOTA支援団体またはクラブを設立すると良いと思います。
お一人お一人が少しずつ努力、また協力してJAの位置づけを高めていきたいですね。
 
個人的にドネーションは映画を見に行っているという感覚です。3~4日間の映画鑑賞と思っています。感動する映画もあり、つまらない内容の映画もあり、歴史もののようにいろいろ事前に調べて見に行くことも良いと思います。
 
ドネーションは今回分というよりは次回も応援するからぜひプランを立てて実行してくださいの意味合いでしょう。
 
【追記】
4年ほど前にYB-IOTAの支援をやってるときにYB4IR Imamさんが交信済ログを見ていつも60%はチアガールだと言っていた記憶があります。要するにQSOしかしない局が6割も存在し、真に交信したいと願っている局の邪魔をしていると言っていました。
 
毎回毎回、QSLカードも請求せずにどのバンドでも何回も呼んでくると悩んでいたことを思い出します。

« OC-113 TX0A Maria Est Atoll 4日目へ (Last day) | トップページ | IOTA-chasersフォーラム利用のお勧め »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-113 TX0A Maria Est Atoll 4日目へ (Last day) | トップページ | IOTA-chasersフォーラム利用のお勧め »