World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« Club Log Matching 研究会 その1 | トップページ | CQ誌2019年1月号にV6J運用のJP3AYQさん掲載 »

2019年1月30日 (水)

IOTA200アワード到着(RSGB IOTA committee時代とIOTA Ltd時代の違い)

友人のJA6のH-OMがClub Log Matchingを利用されたところ総計で201に到達し、IOTA201件の申請とIOTA200アワードの申請をされました。申請した翌日に今日発送を完了しましたとのIOTA Ltdからのメールが届いたことを報告しました。素晴らしい対応です。

ちょうど10日後にFacebookにIOTA200アワードの写真を掲載されました。
50692600_2111253178950528_188995289なんというスピードでしょう。早いし、気持ちが良いですね。IOTA Ltdの価値が上がります。H-OMもとても喜んでおられました。私の頃はこんなに早く到着することはありませんでした。IOTA World.netからご自分の取得した過去分のアワード情報を入手できます。
 
JN6RZM分をご紹介します。IOTA100から積み上げてきました。
 
Callsign Award Award Number Date Issued Status
JN6RZM IOTA 100 Islands Of The World Certificate (All Modes) 1478 05-03-1998
JN6RZM IOTA 200 Islands Of The World Certificate (All Modes) 805 19-02-1999
JN6RZM IOTA Oceania Certificate (All Modes) 135 19-02-1999 
JN6RZM IOTA Asia Certificate (All Modes) 92 30-10-2000 
JN6RZM IOTA 300 Islands Of The World Certificate (All Modes) 669 23-02-2001
JN6RZM IOTA 400 Islands Of The World Certificate (All Modes) 535 14-02-2002
JN6RZM IOTA 500 Islands Of The World Certificate (All Modes) 517 06-02-2004
JN6RZM IOTA Europe Certificate (All Modes) 530 06-02-2004 
JN6RZM IOTA 600 Islands Of The World Certificate (All Modes) 457 12-02-2007
JN6RZM IOTA North America Certificate (All Modes) 376 07-10-2007 
JN6RZM IOTA 700 Islands Of The World Certificate (All Modes) 499 28-05-2016
 
以上の11枚も貰っています。IOTA100は無料でしたが、あとはすべて有料で郵送してもらいました。1月末までにクレジットを受けて最も早くアワードを受領したのが2月6日でした。IOTA100のアワード番号が1478ですが、IOTA200以降はこの番号を減らすことを目標にしました。
 
また、IOTA-ASは三桁ではなく二けた番号を狙って2000年1月に申請しました。受付を失念されてその年の10月に手続きされました。無事に「92番」の二けたでほっと安心した記憶があります。1997年に購入した日本語版Directoryには92番JN6RZM等と記載されていました。
 
IOTA-NAも10月に75件に達成しましたので、即時アワードをいただくために申請しましたので、中途半端に10月申請になっています。
 
IOTA600までは順調に前のアワード番号より減少させましたが、IOTA700取得が9年かかってしまいました。アパマンアンテナではこのあたりがほぼ限界とみてよいようです。
 
私の場合はアワード取得は階段を上り続ける目標として位置づけ、取得は「自分自身へのご褒美」と考えてチャレンジし続けました。
 
JA6のH-OMへはこの取得スピードより速いか遅いかの参考データとして使っていただきたいと願い掲載しました。
 
Club Log MatchingのみでIOTA申請をされ、IOTA200アワードはどうしたらよいかと質問されました時に過去分の遡及と内心コストがかかると引いてしまいました。しかし、やはり積極的にお勧めしていくつもりです。

« Club Log Matching 研究会 その1 | トップページ | CQ誌2019年1月号にV6J運用のJP3AYQさん掲載 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log Matching 研究会 その1 | トップページ | CQ誌2019年1月号にV6J運用のJP3AYQさん掲載 »