World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« QSLカードによる申請からClub Log Matchingによる申請へ | トップページ | 貴方のClub Log Matchingでは、IOTAのヒット件数は何件くらい? »

2019年1月24日 (木)

2011年1月22日開催の第2回 東京IOTAミーティングを振り返って

ネットを通して知り合ったIOTAの仲間が2010年10月に東京新橋の居酒屋で「第一回 東京IOTAミーティング」を開催し、翌2011年1月22日に水道橋で第2回を開催することを決めました。第一回はまさに飲み会の席でしたので、第2回は研修会方式にして案内を出しました。
 
すべて私の都合で申し訳ありませんでしたが、私の会社の東京または東京経由で宇都宮出張の帰り際に開催していただきました。もちろん宿泊費は自費です。1回目の居酒屋会議で盛り上がり、足らなかった部分を補った形式で下記の案内をネットで流しました。
 
企画、運営、予約、資料準備はたまた昼食準備はすべて福岡から行いました。慣れていましたので結構楽しんでやりました。
 
■ 第2回 東京IOTAミーティング
 IOTAにご興味ある、IOTAをやってみたいと思っておられる
 貴方のためにIOTAチェイシングを紹介します。
日時:2011年1月22日(土)午前10時より午後3時まで(昼食含む)
場所:東京都千代田区三崎町3-6-15
     「貸教室・貸会議室 内海」302会議室
      JR水道橋西口徒歩1分 東京ドームの反対側
会費:一人3000円を予定しています(昼食のお弁当、飲み物付き)
内容:IOTAに関する報告事例
   IOTA CP JA JA9IFF中嶋OMによるQSLカードフィールドチェック
   も行います。
定員:20名
 
土曜日に企画し、朝10時から昼食をはさんで午後3時まで。内容はIOTAをやっている人、全員が講師。IOTAをやってみたいひとが受講生という位置づけで運営しました。直前にJE1SCFさんとJG4IQCさんがAS-067 JA1YUC/6 宇治・草垣諸島ペディションの報告をしたいと参加申し込みをいただきました。全員で写真の14名です。
P1090655
前列左からJP1EWY、JG4IQC、7K3EOP、JN6RZM、JH1IAQ、2列目左からJK1TCV、JG1UKW、JA9IFF、JR0DLU、JA1SKE、JH4DYP、3列目左から7K1CPT、JA3UCO、JE1SCFの14名です。7K1CPT、JH1IAQ、JH4DYPの3局が新規、JE1SCFとJG4IQCがペディショナー参加でした。
 
発表者が20分間でパワーポイントを使用して発表し、IOTA新規者を中心に質問をもらうという進行で行いました。本音が随所に出てとても楽しかったです。また、第一回と同様に世界中からのIOTAチェイサーに主旨を伝えメッセージをたくさんいただきました。
 
この1月22日で丸8年が経過しました。参加者の動向です。
JP1EWYさんがここのところアクティビィティが下がっています。DeNAの方に一生懸命なので連絡を入れると「東京はIOTA局がでてきても骨肉の争いでたいへんです。コンディション上昇まで待機です」とのご返事でした。
 
JH1IAQさんも2016年3月以のNA-019 Kodiak IslandとのSked以降連絡がありません。唯一、IOTA未申請です。7K1CPTさんはこの2年くらい前にIOTA申請をされたと記憶していますが、移動運用でバリバリ頑張っておられます。JH4DYPさんはこの1~2年後に郷里の鳥取に戻られ唯一の鳥取県局として同じくバリバリのIOTAチェイサーを実践中です。
 
ペディショナーのお二人を除いて全局とも元気にIOTAチェイシングに8年経過してもパワフルに活動されています。ここのところのコンディション低下で私のスコアが頭打ちになっているくらいでしょう。(笑い)
 
いずれにせよ、8年経過すれど、辞められた局もおられず、IOTAチェイシングの勢いは増していると判断できると思います。IOTAが楽しく面白いからでしょうというのが結論です。
 
【追記】
参加費3千円で会場費、備品賃貸料、昼食費、飲み物代を賄いました。差額が出ましたので、皆さんの合意のもとにアメリカのIREFへ寄付しました。1万数千円だったと思います。会場をもう一つ広い部屋を借りればよかったと思いました。東京近辺の皆さん、第3回を企画されませんか。 
 

« QSLカードによる申請からClub Log Matchingによる申請へ | トップページ | 貴方のClub Log Matchingでは、IOTAのヒット件数は何件くらい? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« QSLカードによる申請からClub Log Matchingによる申請へ | トップページ | 貴方のClub Log Matchingでは、IOTAのヒット件数は何件くらい? »