World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 身近に感じる北極海航路の開発 | トップページ | IOTA申請局促進時に思うこと  »

2019年1月10日 (木)

AS-200 JA5 Shikoku's coastal Islands固定局のその後

47都道府県のすべてよりIOTA申請者を出して、AS-117 Honshu's coastal Islandsの分割を獲得しようを目的に申請局ゼロの長野、徳島、佐賀、宮崎の4県からのIOTA申請を12月24日の佐賀県を最後に完成したつもりでした。続いて1県1局を複数にする提案活動を続けました。

 
1県1局のその該当局へお願いし、県内ごとの紹介局協力をいただきました。なんと、香川県と記録したJA5CUXさんが5月に徳島県へQSYしたとのメールをいただきました。QSO実績は香川県ですが、徳島県ですでに1KWの免許になられていました。
 
中嶋さんからもIOTAウエブのプロファイルが「香川県」のままであるためそれでよいのではとのメールをいただきました。
 
香川県のDXerリストの中に懐かしいコールサインを見つけました。2014年7月にたいへんお世話になりました小豆島の2局と直島の1局です。1か月前のAS-200 Shikoku's coastal Islandsが誕生したときに中嶋さんの配慮でG3KMAへ相談してくださいました。
 
誕生時はAS-200PとProvisinal IOTAです。最初の運用局が5大陸1000局交信の条件を満たしたと判断された時点でPが外れてAS-200となるルールです。中嶋さんとG3KMAとの調整でAS-200Pが発表された翌日から上記の「3局の合算」が5大陸1000局交信を満たせばOKとの回答をいただきました。
 
集計係を私が担当させていただき、数日後に見事に「3局の合算」による条件を満たし、無事にAS-200 Shikoku's coastal Islandsを誕生させることになりました。
 
4年半前のAS-200に関わられたこの3局に、再びAS-117分割の件でお世話になるこの不思議な縁にびっくりしました。小豆島も直島も香川県という認識も薄かったためなおさらその不思議さを強く感じました。
 
昨日、お三方へ4年半ぶりに、Ccで中嶋さんへもメールを送りました。香川県ゼロ回避支援のためのIOTA申請のお願いとClub Log MatchingへのActivation局としての登録のお願いをお送りしました。
 
この朝に1局の方からメールが戻り、4年半前のAS-200の発表された翌日からの素晴らしいお話をいただきました。つい先日に500W免許にされたのでDXingも頑張りたいとのことでした。IOTA申請も前向きに検討してくださるそうですか。どうなるかです。
 
同様に大分県東国東郡姫島(AS-012)にもQRO局がおられましたがメールアドレスを見つけることができていません。
 
AS-200から不思議な縁で再びつながりましたが、香川県からのIOTA申請を期待します。

« 身近に感じる北極海航路の開発 | トップページ | IOTA申請局促進時に思うこと  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身近に感じる北極海航路の開発 | トップページ | IOTA申請局促進時に思うこと  »