World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Happy new year from G3KMA | トップページ | Club Log Matching研究会を作りましょう »

2019年1月 4日 (金)

Club Log Matchingの効用に驚きます

2019年に入りメールの年賀状も数枚いただきました。その中にJA2のO-OMのご挨拶に驚きました。

 
O-OMとは飲み友達で福岡(博多)で何度もお酒を飲んだ仲です。すでにIOTAで知り合って15年くらいなりますが、福岡出張時にはいつも声がかかります。
 
ちょうど1年前の2018年1月にO-OMにメールを送り、少々強引にClub Log MatchingだけでIOTA申請をしていただきました。お仕事がたいへん忙しくQSLカードの整理もままならずの状態でおられましたが即座に実行してくださり、366にて無事に申請されました。
 
一年間、超多忙のお時間を過ごされたと賀状メールに書かれており、OC-297 TX0MはなんとかできたがOC-113 TX0Aは逃してしまいとてもショックとありその状況が詳しく書かれてありました。2018年も超多忙とありました。
 
そのため、1年ぶりのメールでした。その内容は「本日、Club Log Matchingを1年ぶりに実施したら51件を上乗せ(ヒット)して417件にて無事にIOTA追加申請を行った」とのことでした。QSLカードは忙しくて今年もパスしましたとのことでした。
 
O-OMへはドネーションギャザリングでIOTAペディション局へ私がまとめて送金し、マネジャからまとめてQSLカードを過去に50回くらいやりましたが少なく見積もっても20から25件のIOTA QSLカードを送っていた記憶が残っています。
 
そのため、そのQSLカードも含まず1年後にClub Log Matchingを実行して51件もヒットすることにとても驚いてしまいました。Club Logの登録状況も変わっていないと判断できます。
 
ならば、この51件はIOTA Validation Teamが数多くの過去ログをマッチングシステムに取り込んでくれたということでしょう。ちなみに2018年1月と2019年1月4日の登録状況は、
①2017-01-21 2,287件
②2018-01-27 4,891件(前年差異2,604件)
③2019-01-04  5,094件(前年差異 203件)
 
203件の中から51件ヒットしたということでしょう。
 
すでにClub Log Matchingを体験されました局は今回もチェックされて申請されることと思いますが、昨年1月末までに新規に申請された局の中でClub Log Matchingのみで申請された局の中には1月末締めであること、IOTA Validationチームの努力により追加があることを伝えていただくことをお願いしたいです。
 
なお、47都道府県コンプリートにおいて、現在1県1申請局の青森県、長崎県を終わり、栃木、茨城、滋賀、島根、高知にて提案活動にはいりました。その際には推薦局のClub Log登録状況を調べて可能性の判断に使っています。

« Happy new year from G3KMA | トップページ | Club Log Matching研究会を作りましょう »

コメント

山本さん あけましておめでとうございます。

>Club Log Matchingを体験されました局は今回もチェックされて申請されることと思いますが

これが微妙で、今年の申請は紙QSL、Club log共にやらず来年にしようかと思ってます。
この場合昨年申請以降入力したデータが無くなり? 2月以降に再入力しないといけないのか?
よく分からず、今年1月に申請しない人は今 Club Log Matchingで登録しない方が(確認はOK)
良いのかと思ったりしてますが、真相はどうだったでしょうか?

高田さん、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
私の場合は2016年5月にIOTA700アワードを紙アワードがなくなるとの情報でしたので申請しました。そのため、2017年1月末はパスしました。数枚のIOTAを申請前の登録をしていました。続いて2018年1月も2~3枚追加しました。数が少ないので初めてパスしました。2019年1月もその間のCFMedのQSLカードを登録し続けています。
 
2年半分の枚数があまりにも少ないので申請前ボックスに登録されたまま、今回もパスしようと思っています。従いまして、2016年6月以降に申請のためにエントリしたデータは継続してそのまま残っています。
 
削除機能がありますので一旦QSLカードの手打ちで登録されていても、Club Log Matchingでヒットしたデータと入れ替える、またその逆も可能です。ただし、QSLカードで手打ちエントリ分はおそらくマッチングでヒットするのか、メッセージがでるのかわかりませんので、リスト上で目検証になると思います。
 
Club Log Matchingの経験値が少ない、いやほぼゼロなので確定した意見ではありませんのでご了解ください。

高田さん、CP中嶋です。

2年間ウェブにアクセスしないと、個人情報に関するプロファイルが一時消去されてしまいますが、追加した未申請のクレジット情報は保持されていますので、今年のアニュアルリスティングに向けて追加申請を行わなくても大丈夫です。

こんばんは 返信が遅れました。 すいません。

中嶋さん 了解しました。2年アクセスしないと  -->2年申請しないと にご解釈してました。
失礼しました。 今年は50も増えてないので、失礼ですが安心して? パス出来そうです。
ご説明ありがとうございました。  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Happy new year from G3KMA | トップページ | Club Log Matching研究会を作りましょう »