World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« IOTA200アワード到着(RSGB IOTA committee時代とIOTA Ltd時代の違い) | トップページ | Club Log Matching 研究会 その2 »

2019年1月30日 (水)

CQ誌2019年1月号にV6J運用のJP3AYQさん掲載

遅くなりました。気づくのが1か月も遅れてしまいました。

 
2017年OC-226 Mokil Island、2018年にOC-254 Ta IslandからV6JのコールサインでIOTA DXpeditionを実施されましたJP3AYQ眞田さんがCQ誌2019年1月号の女性ハム特集に掲載されました。
 
CQ誌をお持ちの方はぜひご一読ください。よろしければ「読んだ」、「今年もぜひ」くらいの読後感のご挨拶メールを送ってくださると3年連続のV6J運用の確率が上がるかもしれません。
 
Jp3ayq
世界第一級のIOTA DXpeditionの連チャンです。三連チャンになるよう今年も応援したいと思っています。行って欲しいV6-IOTAなどもリクエストされてはいかがでしょう。
 
なお、眞田真由美さんは2017年1月から12月までの12か月間、月刊FBニュースのIOTA特集「広げよう“IOTA”の輪 ~ONE PIECE of IOTA~」を仕切られました。みだ読まれていない方はぜひのぞいてください。

« IOTA200アワード到着(RSGB IOTA committee時代とIOTA Ltd時代の違い) | トップページ | Club Log Matching 研究会 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA200アワード到着(RSGB IOTA committee時代とIOTA Ltd時代の違い) | トップページ | Club Log Matching 研究会 その2 »