World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« IOTA申請提案活動 残り10日 | トップページ | おかげさまでアパマンハム開局25周年 »

2019年1月21日 (月)

IOTA追加申請はClub Log Matchingで

IOTA CP JAホームページにもお互いコストと時間のかかるQSLカードによるIOTA申請ではなく、可能な限りClub Log Matchingで実施していただくよう依頼メッセージが掲載されました。

 
その様な折、20日朝のIOTA-chasers Forumに次の投稿がされました。
 
[IOTA-chasers] JA6IEF/6 - AS-037
I need to get a QSL for AS-037 for a QSO with JA6IEF/6 from 1989.
I see that there is a short listing in qrz.com although HamCall.net <http://hamcall.net/> has a full address.
Does anyone have any contact details for Shuji as I would like to see if it is possible to get confirmation after all this time.
Thanks
Steve
GW4BKG
 
英国ウェールズのGW4BKGからのメッセージです。1989年に実施されたJA6IEFによるAS-037甑島のQSLカードを探しているようです。JA6IEF坂元さんは私と同じShujiという名前なので、しかもJA6なので支援せざるを得ないという具合で対応しました。
 
QRZ.com、JARL及びjarl.comもすべて登録情報がありません。法務省の免許検索で鹿児島県薩摩川内市であることがわかりました。また、八代のJI6KVR局とベトナムのIOTAペディションへ行かれていました。鹿児島県のDXerの集う集合写真がありましたので鹿児島のJH6QIL楠本さんに問い合わせてみました。
 
すぐにJK6SEW久保さんからご返事があり、タワーやアンテナを撤去され、ログやQSLカードもすべて処分とのこと。とても残念ですが、GW4BKGへその旨をつたえるとともに近年には九州新幹線も東京、大阪、福岡と繋がり、串木野からは高速フェリーも就航しているので新しい運用を提案しました。
 
国内のJAペディショナーへIOTAペディション分のClub Log及びMatchingの登録をお願いし続けていますが、①ログが古い、②国内ばかり、③QSLカードをすべてに送付済みなどの回答が戻ってきます。
 
是非ともIOTAペディションの軌跡を残す意味でClub Log MatchingへJA-IOTAペディションを登録していただきたいです。上記の分はちょうど30年前です。国内、海外に関係なくいつの日かお役に立つときがあります。
 
いよいよ手持ちのQSLカードを往復させて申請する時代は終焉の時を迎えたように強く感じた次第です。

« IOTA申請提案活動 残り10日 | トップページ | おかげさまでアパマンハム開局25周年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA申請提案活動 残り10日 | トップページ | おかげさまでアパマンハム開局25周年 »