World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« G3KMAへのSK報告 | トップページ | IOTA申請提案活動 2019年1月31日現在 »

2019年2月 1日 (金)

東海岸W4-IOTAとのSked成功レポート(29th Jan 2019)

1月29日朝にJA2のM-OMが14MHzCWにてNA-058 N4XU St Simons IslandとSkedに成功したとの報告が入りました。

 
1月28日のよるに160mでT88をコールするN4XUを見つけたそうです。交信には至らなかったそうですが、QRZ.comを確認すると間違いなく「NA-058 St Simons Island」を見つけて160mの報告とNA-058は1stということでSkedを組むようになったそうです。14MHzCWで一発でした。
 
私もNA-058は未交信とお伝えしましたら、すぐにSkedを組んで欲しいとお願いされましたが、1月末のIOTA申請局増強でその気にはなれないとお話ししました。「固定局は逃げない」というポリシーがあったせいもあります。
 
しかし、M-OMの見事なSkedに私との多くのメール交換によってSkedのノウハウをマスターされており、そのため強く勧めてこられたことも理解できました。
 
M-OMは一発で交信、私の過去分は一発でできることはとても珍しく、数十回、数年かけてやっとのこと交信できるというやり方でした。後者の方が「海外交流」には最適だという自負がありましたが、以来毎日のようにM-OMからN4XUリポートが流れてきています。
 
この朝のレポートは2月8日から12日までNA-099 N4XU/KP3にてプエルトリコへ行かれるのでその後のアポイントが良いであろうとのアドバイスでした。
 
数日中に連絡しますのでNA-058 N4XUとのSked希望局はご一報ください。この朝に久しぶりにOC-025 P29VCXの信号を聞きましたが339-449くらいでした。私のアンテナではW4は厳しいですが、M-OMと同様のビーム利用局は一発でできそうです。
 
M-OMからの宿題もいただきました。QRZ.comには2018年11月24日にこの島で開局されたばかりであり、QSLカードも掲載されています。しかしながらClub Log Matchingでも登録してもらうようにすることと厳命されました。まかせときんしゃい(博多弁)と回答しました。

« G3KMAへのSK報告 | トップページ | IOTA申請提案活動 2019年1月31日現在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« G3KMAへのSK報告 | トップページ | IOTA申請提案活動 2019年1月31日現在 »