World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« 東海岸W4-IOTAとのSked成功レポート(29th Jan 2019) | トップページ | K6VVAからのリモート運用への提案 »

2019年2月 2日 (土)

IOTA申請提案活動 2019年1月31日現在

2018年10月から開始しました表題の「IOTA申請提案活動」の1月31日現在では次のような結果となりました。県名、提案局数、申請局数、申請中の局数の並びです。

 
青森  3 1
秋田  3  2
長野 4 2
茨城 1
栃木 0
千葉 2
滋賀 0
福井 0
岡山 1
島根 3
鳥取 0
香川 11 2
愛媛 1
徳島 4 3
高知 2
佐賀 6 1
長崎 1  0  1
大分 3
宮崎 5 1  1
鹿児島1  1
沖縄 0
---------------
21県 52 13  2   (千葉と岡山、愛媛の3県は特例でご案内)
 
2018年次リストにおきましてIOTA申請局ゼロ及び1局の都道府県は18でした。その中で52局へIOTA申請のお願いメールを実施し、13局からIOTA申請を新規にいただきました。また、2局はClub Logの登録がQSLカードの準備で2月1日以降となりました。
 
1月31日までの13局は25.0%、準備中の2件を加えた15局では28.9%の割合にありました。他にも申請すると回答、登録をされた、Club Log Matchingで件数も確保された局が6件おられましたが、1月31日までの意思決定をされずその回答もいただけませんでした。
 
概ね4局提案して1局申請実施くらいの割合になります。52件の内、2/3はメール返信無しという割合でした。
 
茨城、栃木、滋賀、福井、島根、鳥取、高知、大分の8県が現在1局のみの状況です。この8県が第一優先で6月まで継続してやりたいです。第二優先をクラスターレポーターでIOTAをしっかりとらえられている局のリストを20局ほど作成しています。
 
第三優先はDXCCリストを参考に各県単位に絞り込んでやりたいと思います。
 
4月初めに2019年次リストが発表されますので2020年1月末の着地を企画してみたいと思います。2019年次リストの提供がたいへん楽しみです。2位のDLはおそらく抜けないと思いますが、かなり接近したのではないかと思います。
 
皆様のご理解とご協力がもちろん必要です。

« 東海岸W4-IOTAとのSked成功レポート(29th Jan 2019) | トップページ | K6VVAからのリモート運用への提案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東海岸W4-IOTAとのSked成功レポート(29th Jan 2019) | トップページ | K6VVAからのリモート運用への提案 »