World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Club Logへの登録 | トップページ | Rogerさんからのふたつの返事 »

2019年2月16日 (土)

NA-058 N4XUとのSked 2回目結果(2019.2.16)

この早朝にNA-058に住むN4XU Bobさんとの2回目のSkedを実行しました。もともとはJH2RMU 村山さんが偶然にメールアポイントをとられ、Skedにチャレンジされて成功されたことから始まりました。

 
私のアンテナでは東海岸は無理と申し上げたのですが毎日メールで催促されまして、2月に入り当ブログにてご案内しました。初回はJA3のU-OMが14MHzCWにて成功、そして2回目のこの朝はJA8のS-OMとJA3のK-OMが7MHzCWと14MHzCWともに無事に成功されました。
 
残念というより当然でしたが、私のアパマンアンテナではN4XUの信号を捕らえることはありませんでした。
 
2時間後にはBobさんからメールが届きました。「3回目をやろう」と言ってこられました。
 
「JA8のS-OMとJA3のK-OMと40mCWと20mCWともに交信できました。他はありません。不運にも16日と17日のARRL CW Contestがあることを失念していました。もし可能なら、18日に同じ条件でトライしませんか? SSBでも結構ですよ。18日はあなたを探しましょう。
 
また、NA-058を必要なあなたのご友人のJA局がおられましたらこのメッセージをお伝えください」とのことです。(日本時間18日(月)早朝です。ご遠慮なく)→19日(火)です。
 
冒頭のJH2RMU 村山OMは現在、別の東海岸のIOTA固定局とSkedを数回実施されています。交信されたらまた私に回されるようです。
 
このコンディションでW4が聞こえて、交信できるとはやはりビームは飛びが違います。
 
【追記】
IOTA申請の提案活動にて新たに申請をいただきました13局へも案内をさせていただきました。Bobさんへもその旨を伝えています。全員がClub Log Matchingによる申請ですので13局の交信が多くできればClub Log Matching登録をBobさんへ提案するつもりです。
 
早速、参加したいとのメールが戻り始めました。IOTA申請をお勧めした甲斐がありました。
 

« Club Logへの登録 | トップページ | Rogerさんからのふたつの返事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Logへの登録 | トップページ | Rogerさんからのふたつの返事 »