World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« NA-058 N4XUとのSked 3回目結果の続き | トップページ | IOTA Ltd & CP JAからのご連絡 »

2019年2月21日 (木)

New member(新しい仲間)からの嬉しいお便りメール

昨晩。当ブログをご覧になられていますJA1のU-OMから初めての嬉しいメールをいただきました。

 
受け取ったときは「またスパムメールか」と思ってしまいましたが、書き出しから初めていただくメールとは感じさせないとてもあたたかな内容でした。
 
DXCC100をIoTWをうまく利用されて完了したばかりで、次はIOTAにトライされているそうです。Club Log MatchingとQSLカードを合わせて84ポイント。100ポイントに達せず、Club Log MatchingでIOTA-World.netにヒットしているデータが消去されないかヒヤヒヤされています。
 
設備は給電点50cmの7メータ長のバーチカルにATUを使用されているとのことです。
 
すでにご返事のメールを差し上げていますが、ここに掲載されでびっくりされることと思います。しかし、私はアパマン局の支援が一番の性に合っています。徹底して支援したくなります。本当にありがたく嬉しいメールです。
 
North AmericaがNA-036を2局交信されていますが、QSL未回収、Club Log Matching未登録とのことです。残りの16ポイントの中に1局のNA-IOTAが絶対条件のようです。
 
まずは土曜日のNA-058 N4XUを聞いてみたいとのことでした。時間、周波数等を連絡しました。さらに、①JA-IOTAの未交信リストのご報告、②NA-065の友人とのSkedをご案内しました。
 
早ければ3月、遅くとも4月にはIOTA100到達を目指してご支援してみたいと思います。やはり、Club Log Matchingに本州、北海道、九州、四国を含めてもっと多くのJA-IOTAのClub Log Matchingが必要と思います。
 
手数は若干かかりますが、コストはかかりませんのでAS-117などからの島運用のClub Log Matching登録を薦めて欲しいです。QSLカードが数年で一気になくなると思います。
 
どうぞJA1のU-OMのようにIOTAを始めたい、やりたいとのご希望がございましたならばメールにてご一報ください。1~2年はフォローいたします。よろしくお願いいたします。

« NA-058 N4XUとのSked 3回目結果の続き | トップページ | IOTA Ltd & CP JAからのご連絡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-058 N4XUとのSked 3回目結果の続き | トップページ | IOTA Ltd & CP JAからのご連絡 »