World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

« JA-IOTA 固定局とのMatching | トップページ | OC-025 P29VCX Manus Island 突然のキャンセル その2 »

2019年2月 7日 (木)

Silent Keyの報告

この朝にIOTA general managerのG3KMA Rogerさんへ約束しました2019年2月時点のIOTA申請者(Creditor)のSilent Key調べを行い、その結果をメールにて報告しました。ゼロです。

昨秋にJAの都道府県別IOTA申請状況を手作りで実施し、4県の申請者ゼロを見つけました。USAの50州のIOTA申請者状況と比較したくて50州別リストも作成しました。その時にUSAの3人のIOTA申請者がSilent Keyになっていることを見つけました。
 
15年ほど前にまだIOTAの役員でなかったVE3LYCよりの提案で"The Golden List of  Silent Keys"がIOTA Directory上に作成されました。主旨はIOTAを構築し続けてくれた諸先輩方を敬うことでした。
 
私個人もその主旨を理解し、JAの方のSK情報を入手したら、確実な情報であることを確認しG3KMAへ報告していました。しかし、報告義務などはなく、どちらかというと行き当たりばったりの管理状態であると感じており、可能な限り伝えることに努めました。
 
USAのリスト作成で見つけた3人の方は数年前に亡くなられたケースもあり、またJAから直接確認をとるのも変だと思いUSAの3人のCPへ連絡しました。それが巡りまわってG3KMAから私に昨年12月に連絡がまいりました。
 
2018年次リスト全員と、QRZ.comの検索機能の①Name/Addr、②Biographyにおいて"Silent Key"を検索し合算したリストをエクセルに落とし、目検証でマッチングをとるという方法です。
 
"SK"でも検索を試みましたが、この二文字を含むキーワードがとても多いために、むやみに増やす必要なしと判断し追加をしていません。さらに、QRZ.comへSilent Keyの手続きをしますと、コールサインが白抜きになります。
 
さらにコールサインと名前・住所の間に「SILENT KEY」という文字が自動的にはいるようでこれが検索ではヒットしないケースがあり、完全なる検索ヒットが望めないようです。
 
次回以降はIOTA LtdとQRZ.comの組織対組織で調整していただくようにお願いするつもりです。おそらく、QRZ.comはSILENT KEYリストを簡単に抽出できる機能を持っていると考えられます。
 
話がSilent Keyから住所変更へ変わります。
2018年12月まで香川県唯一のIOTA申請局とリストアップしていましたJA5CULさんからのメールで2018年5月に香川県から徳島県へ移転したとの連絡がありました。
 
完成した47都道府県コンプリートが香川県がゼロとなり、かなり焦りました。JA5CULさんのご協力で1月に新規に2名の香川県在住局からいただけてほっと安心しました。JA5CULさんは①QRZ.comの住所変更、そして、IOTA-World.netの中のプロファイル変更手続きをしていただけました。皆様もお忘れなく。
 
また、A35JPのコールでトンガなどの;レアIOTAをサービスいただきましたJA0RQVさんが1月に新規申請をされ、JA9IFF中嶋さんより「長野県2局目」と教えていただけました。ところがJA0RQVさんのQRZ.comは埼玉県になっていました。
 
ご本人に確認しましたところ、「長野県」に在住で、週末はそこで過ごし無線もやっておられるそうです。埼玉県の住所からは無線ができる環境ではないそうです。海外からのQSL受付のために埼玉県の仮住所にされているとのことでまもなく引き上げると仰っていました。
 
QRZ.comはURLの中にサポートセンターがあり、東京在住のJA6のOMさんが日本語で対応してくださいます。また、IOTA-World.nt(IOTAウエブ)の住所等変更はウエブの中の「プロファイル」で直接に変更ができます。一度ご自分の内容を確認していただくと良いでしょう。
 
【追記】
IOTA Newsでも紹介されていますとおりチェックポイントであるVE7IGとSM5DJZのお二人が2018年中にSilent Keyになられました。2局ともに当然IOTA申請局です。上記の方法では2局は検索にヒットしませんでした。ヒットするケースもありますがその可否が明確に判断できません。
 
次回は私個人の責任問題にもなりかねませんので、IOTA Ltdの主導による確認を提案しておきます。

« JA-IOTA 固定局とのMatching | トップページ | OC-025 P29VCX Manus Island 突然のキャンセル その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JA-IOTA 固定局とのMatching | トップページ | OC-025 P29VCX Manus Island 突然のキャンセル その2 »