World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« IOTAの新規申請において学ぶこと | トップページ | JH2RMU 村山さん来福 »

2019年3月 9日 (土)

OC-049 A35JP Tongatapu Island by JA0RQV (2019 Mar 16-27)

この朝に配信されました425DXnews #1453号にJA0RQV田村さんの表題のペディションが紹介されました。
[425ENG] 425 DX News #1453
A3     - Masa, JA0RQV will be active as A35JP from Tongatapu (OC-049), Tonga
         on 16-27 March.  In his spare time he will operate  CW, SSB and FT8
         on 80-6 metres.  QSL via  Club Log's OQRS, LoTW,  or via  home call
         (direct or bureau).
 
IOTA-World.netのClub Log照合のAccepted Listには、
 
OC-049 A35JP A35JP
OC-064 A35JP/P A35JP/P
OC-123 A35JP/P A35JP/P
OC-169 A35JP/H A35JP/H
OC-191 A35JP/P A35JP/P 
 
と、過去のA35-IOTA運用分すべてのClub LogがMatchingできるように登録されていました。今回のOC-049分も終了後に追加されるはずです。
 
田村さんは2019年1月末分にIOTA申請も長野県から登録してくださいました。もちろんQSLカードも発行されますが、Club Log Matching化が少しずつ確実に進捗し始めたようです。
 
 
未交信の方はメールをいれてSkedを依頼されてはいかがでしょうか。

« IOTAの新規申請において学ぶこと | トップページ | JH2RMU 村山さん来福 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTAの新規申請において学ぶこと | トップページ | JH2RMU 村山さん来福 »