World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年3月に2件目のIOTA申請が福井県からありました/世界第2位へ | トップページ | NA-036 VE7JH Vancauver IslandとのSked成功 »

2019年3月23日 (土)

2019年3月以降の申請者の推移資料の掲載

昨日、2019年3月に入ってのJAからのIOTA申請者がJA2のK-OMとJA9のM-OMの2名と掲載しましたところ、中嶋さんから「東京都」からの申請もお一人でましたと連絡がありました。3月に3名とはすごいと思いました。併せて表題の「都道府県別申請者推移」がIOTA CP JAホームページの「資料」に掲載しましたとご報告をいただきました。
都道府県別の2018/2019、そして2020までの増減を示した表です。当初の発表より十分に調べてくださいました。都道府県間の移動が、①山梨県から東京へ移動、②愛知県から岐阜県へ移動、③大阪府から奈良県へ、④大阪府から和歌山県へ各1名ずつ移転されたことが分かったそうです。その結果、山梨県もお一人県になられました。
この朝に滋賀県のM-OMから新規にIOTA申請があったそうです。月間4名です。3月のレコードとしては最高でしょう。IOTA Ltdも喜びを通り過ぎて本当に驚いていることでしょう。滋賀県もお二人になられました。
徐々に多くの皆様が協力されていることを肌で感じております。

« 2019年3月に2件目のIOTA申請が福井県からありました/世界第2位へ | トップページ | NA-036 VE7JH Vancauver IslandとのSked成功 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年3月に2件目のIOTA申請が福井県からありました/世界第2位へ | トップページ | NA-036 VE7JH Vancauver IslandとのSked成功 »