World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« NA-210 KL7RRC Sledge Island plan (2018 Aug 25-Sept 3) | トップページ | NA-092 AD5A/P Padre Island »

2019年4月21日 (日)

沖縄 I-OMより「IOTA登録完了」

前週にご報告いたしました埼玉県在住のI-OMはAS-024石垣島に長期滞在されサービスされています。いよいよ、IOTA申請とClub Log MatchingへのAS-024データ提供開始にこの週末に入られました。4~5回の質問をいただきました。そしてこの朝に「IOTA登録完了」のメールが届きました。

4月18日(金)に皮切りに質問が届きました。途中でCP JAの中嶋さんへ相談したくなりましたが、なんとか話がまとまりました。そのポイントはJA1のコールとJS6のコールが、しかも20年間くらいにJS6の/1や/0なども月単位くらいで入り混ったログであり、初めての作業ではお互い酷でありました。私の方はスタンダードな説明しかできず、ログ分けの量がわからなかったことにありました。

やりとりするなかでJA1のコールは外す、JS6のコールを柱として考えられ始めました。また、Club Log MatchingへのAS-024データ提供におけるVE3LYCへのメールをとても気にされていましたので、これも待機して柱となるJS6コールでClub Log Matchingの件数確認、そしてIOTA申請を進めていただきました。流れ図のファイルを改めて送り、確認していただきましたらスムーズに理解いただけました。

Club Log Matchingのご自分のIOTAカウント数とIOTA申請を第一義に、Club Log MatchingのAS-024データ提供を次にと分離したほうが分かりやすいと思いました。どうしても混同してしまいそうです。中嶋さんのご苦労がよくわかりました。

そして、本日の「IOTA登録完了」のメールメッセージは、南極未交信で70件がヒットと決意新たにIOTA100を目指すとのことでした。残念ながらClub Log MatchingではIOTA100に達せずでした。

しかし、保有のQSLカードチェック、7月末のIOTAコンテスト参加などで2020年1月末までに集められない数字ではありませんので頑張っていただきたいと思います。I-OMへは登録したままにしておくと1年くらいで登録マスターを削除されるルールになっていることをお伝えしました。

私も終活としてあと2年半ほどIOTA申請者増加支援を頑張りたいと思います。

« NA-210 KL7RRC Sledge Island plan (2018 Aug 25-Sept 3) | トップページ | NA-092 AD5A/P Padre Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-210 KL7RRC Sledge Island plan (2018 Aug 25-Sept 3) | トップページ | NA-092 AD5A/P Padre Island »