World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 和歌山県のI-OMへのメール | トップページ | YB-IOTA 2019を調べる »

2019年4月 4日 (木)

My NA-127 VE1AI/m Long Island QSL card

VE7ACN MikeさんのNova Scotia IOTA DXpeditionがNA-081 VE7ACN/VE1 Bell Island、NA-127 VA7XW/VE1 Long Island と続いてNA-014へ進もうとしていますが、NA-081はJAからのクラスターレポートもありましたが、NA-127は苦戦のようです。私のアンテナではまったく聞くことができません。https://www.ve7acn.com/kopiya-glavnaya-russkij

ウエブのマップを見るとLong Islandの南東側からQRVしているようです。詳細はわかりませんがJA方面は島影にでもなっているのかもしれません。マップを確認しましたがやはり、JAからみて向こう側の斜面の傾向がありました。

本当に偶然ですが、私のアパマンアンテナで2004年秋にNA-127と交信できていました。

 Ve1ai

2004年10月に14MHzCWにてNA-127 VE1AI/m Long Islandでした。なんとモービル運用です。VE7ACN Mikeさんが運用された今回の場所と同じ島ですぐ近くをかくにんできました。メールでお願いして写真をいただいた記憶が残っています。港の桟橋近くに停めた車からの運用でした。当日の朝は0730JSTくらいから東海岸が強く入感し、8時前にこの局を見つけました。モービル運用でたいへん驚きました。

コンディションがよければアパマンアンテナでも交信できるということを改めて感じました。次のコンディション上昇までゆったりと待ちましょう。長生きできますか頑張りましょう。

Nova Scotiaの近隣にはSt. PaulやSableがあり、可能なところは行ってあげるよとDickさんに言われた記憶があります。しかし、コンディションもあがらず15年も経過してしまいました。IOTAチェイシングの息の長さを感じます。

« 和歌山県のI-OMへのメール | トップページ | YB-IOTA 2019を調べる »

コメント

ご無沙汰しています。
NA-127 New ですがVA7XW/VE1 ワンチャンスで出来ました。

VE1AI/m改めて検索したらバッチリログにありました。しかしIOTA情報は空欄で
QSL請求もしていません。NA-127と判っていれば・・・・
こんな時Club Log Matchingが有効であれば、気付かず1upでしょうけど!! hi   

  de JA7BWT

写真をいただいていたのですが、紙ベースなのか、PCファイルベースかもわからなくなってしまいました。岸壁のそばにリアバンパーに太いパイプのようなアンテナを付けた車でした。モービルアンテナとアパマンアンテナで交信できましたのでとても興奮したのを覚えています。

もうあのようなコンディションには巡り合えないかもしれませんね。このシーズンはVE1やW1のIOTAを稼いでいました。

NA-127、私もVE1AI/Mと交信(山本さんと同日で23:00)して、Cfmしています。彼とは、大昔21MHZのCW、100w、逆Vで、VE1AI/1、Sableで交信しました。クラスターも無い時で、QSLが届いてから、珍局だとわかりました。DXCCも彼のQSLをARRLへ送って認めてもらいました。
なお、NA-127は、VE1/DL2JRM/Pでも2009年に交信しCfmしています。
ハイバンドで、イーストコーストが強く聞こえるようなコンデションが早く戻ってきてほしいですね。

村山さん、こんばんは
 
こんなのもあったようです。
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2009/05/rose-gardenna-1.html
 
10年も経過すると忘れてしまうんですね。年のせいかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山県のI-OMへのメール | トップページ | YB-IOTA 2019を調べる »