World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« JA-IOTAの年度ごとのClub Log Matchingリストを作ってみました | トップページ | JH1NBNからのQSLカード到着情報 »

2019年5月11日 (土)

NA-250P K7Y Khantaak Island

一昨日から表題のNA-250P K7Y Khantaak Islandの運用が開始されました。

昨年の同じK9AJ等によるメンバーと装備でしたので「アパマンアンテナで飛ぶかな」と心配していましたが、JA2のG-OMより8階建ての屋上に張ったワイヤーアンテナでなんとか交信できたとのメールをいただきました。ありがたい情報です。

さらにさきほどIOTA-chasers ForumにK6VVAの投稿がありました。

「Earlier this morning, Mike was peaking 5NN+40dB here on 20m - the loudest I have ever heard him from anywhere - an AMAZING signal !!!

And that was using a weenie A3S tribander about 27 feet AGL at my Home "RF HOLE" QTH. Must have been great "Hi-Angle" propagation. 73,」

トライパンターを使用しているのはRick K6VVAの方ですが、電波伝搬の仕方が昨年までとは少し異なっているようです。ワイヤー系アンテナやアパマンアンテナでも可能性が十分にありそうです。

5月13日(月)までの運用のようです。

till 13/05 K7Y: Khantaak Island (NA-250) 1456

【追記】NA-250Pはご存知の通り昨年10月14日開催のRSGBコンベンションにて発表されました6つIOTA newのうちの一つです。当然に仮番号Provisional IOTAとしてNA-250Pという表現を使用しています。最近はNA-250NEWと書かれているケースをよく見受けます。先日のAS-204Pで説明しました通り、すでにAS-025としてAS-204Pの島のQSLカードを持たれている局もたくさんおられます。

AS-204Pの運用が終わり、IOTA Validation teamの審査が終わって初めてAS-204PからAS-204となり、AS-025として保有しているクレジット並びにQSLカード等がAS-204へシフトされます。NA-250NEWという使い方は気持ちは分かりますが、IOTAプログラム上では正しい使い方とは言えないと思います。

なお、昔はIOTAウエブでも「クレジット承認」のニュースを発行していましたが、現在はIOTA CP JAのウエブで随時発表されています。その時点でNA-250PのPが取れます。IOTA HonourRollのカウントに影響を与えたりします。

« JA-IOTAの年度ごとのClub Log Matchingリストを作ってみました | トップページ | JH1NBNからのQSLカード到着情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JA-IOTAの年度ごとのClub Log Matchingリストを作ってみました | トップページ | JH1NBNからのQSLカード到着情報 »