World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« KM9DによるH44MYなどのQSLmgrがOM2SAからK0BJへ移管されたようです | トップページ | NA-250P K7Y Khantaak Island »

2019年5月10日 (金)

JA-IOTAの年度ごとのClub Log Matchingリストを作ってみました

この朝にAS-049 Kuchino Island Tokara Islandsから戻られたばかりのJA6UFF税田OMよりメールをいただきました。一言でご質問の山でした。今回のAS-049を含む過去に実施されましたJA-IOTAの運用分すべてをClub Log Matchingに登録したいとの要望です。たいへんありがたいご質問でしたので1時間ほどかけて返事を作成しさきほどお送りしました。

IOTA新規申請局の増加とともにペディショナーが登録されるClub Log Matching数もJAパワーを高める重要なポイントと思います。3月から離島にお住いの50局を抽出しClub Log Matchingの時代到来、その必要性、登録の仕方、そしてその延長にあるIOTA申請の提案を行いました。

その仮の測定として表題にあるJA-IOTA別の年度ごとのリストを作成してみました。

Jaiota-clm AS-007本州からAS-200 四国沿岸までのJA-IOTAにおけるClub Log Matching登録件数です。

2016年6月にシステムが提供されました。①2017年12月、②2018年12月、そして③2019年5月の3期比較です。③は機関として4か月程度です。AS-023奄美、AS-024八重山、AS-032大隅、AS-037甑島、AS-041隠岐、AS-049トカラ、AS-067宇治草垣、AS-117本州沿岸、AS-147北海道沿岸が順調に右肩上がりで増えていることが分かります。しかし、もともとの登録件数が低いですので1件から数件の伸びです。

特に当ブログでもAS-117分割を願いいろいろな角度から情報をご提供しましたが、「4件、6件、7件」ではJA-IOTAチェイサー&ペディショナーの勢いを感じることができません。どうか、AS-117分割にご協力いただける方は過去分のAS-117運用のClub Log Matching登録にご支援ください。

6月21-23日にドイツのFriedrichshafen Ham Radio eventにて発表のNew IOTAまで残り6週間になりました。せめて5月中に①AS-117の電子ログからのClub Log登録、②VE3LYCへのClub Log Matchingの登録依頼メール送付をお願いしたいです。

(Club Log Matchingが提供されてから、定期的にAccepted Activationsリストのコピーエクセルに貼り付けてを取っていました。こんな時に役に立てました。2016年12月は数字自体が少ないので表を無理に大きくして見づらくするのではなく、カットしました)

« KM9DによるH44MYなどのQSLmgrがOM2SAからK0BJへ移管されたようです | トップページ | NA-250P K7Y Khantaak Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KM9DによるH44MYなどのQSLmgrがOM2SAからK0BJへ移管されたようです | トップページ | NA-250P K7Y Khantaak Island »