World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« JH1NBNからのQSLカード到着情報 | トップページ | NA-250P K7Y will be QRT soon »

2019年5月12日 (日)

IOTAの申請料を考えてみましょう

昨年10月からIOTA申請者提案活動を行っていますが、返信があった方からの質問に目から鱗と思ったことがあります。表題の「IOTA申請料」です。RSGB IOTA Committee時代から、独立してIOTA Ltdに数年前になりました。会社経営としてもその収益も気になりご協力したいところです。

1998年1月の初めてのIOTA申請から2016年5月にIOTA700アワードを申請するまでの約19年の間に、申請料やアワード料が高いと思ったことは一度もありませんでした。むしろIOTAの面白さの方が数倍にも勝ると思ってやってきました。ハードコストに関してはリグも低コストのリグ2台、アンテナもベランダアンテナAPA-4のみで恥ずかしいほど低いです。ソフト面でもQSL回収費用とドネーション、並びにIOTA申請関係のみです。

どちらかと申しますと、当初は絶対にドネーションはしない方針でしたが、IOTAの面白さに引き込まれ仲良くなったIOTA海外局へは積極的にするようになりました。むしろ、IOTAの申請料は気にもならず、ドネーションの増加を気にするようなIOTAライフです。

近年はIOTAのWorked件数が低迷し、毎年1月に個人の決算と考えていたIOTA申請も停滞してしまいました。もともと近場のIOTA専門でしたから致し方ないと思っています。https://www.iota-world.org/ja/iota-directory/prices.html ここにIOTA料金表があります。

Photo_2 

ANNEX B – 申請料、楯・トロフィー料金 (2018年10月1日から)
●QSLカード、IOTAコンテストによるQSO照合、Club Log によるQSO照合を用いた申請
                     RSGB メンバー  非RSGB メンバー
最初の100〜110枚のクレジット申請(注1) 8.00ポンド    12.00ポンド
111枚以上のクレジット申請1枚ごと     0.08ポンド      0.12ポンド
アップデート申請の最低料金(注2)     8.00ポンド    12.00ポンド
電子アワード1枚の料金            4.00ポンド           6.00ポンド
郵送による紙アワード1枚の料金(注3)        8.00ポンド         12.00ポンド

●権威のあるアイテム                全てのメンバー
IOTA-750楯の料金(書留送料込み)(注4および5)  110.00ポンド
IOTA-1000トロフィーの料金(書留送料込み)(注4) 128.00ポンド
楯及びトロフィー用のメタルシール(送料込み)     6.00ポンド       (上記画像の抜粋です。詳細はウエブで)

新しくIOTAを始められ方から質問をいただいて正直答えられませんでした。慌ててこの表を確認しました。中嶋さんにもアドバイスをいただいて回答しました。もちろんIOTA申請をしてくださいました。

私たちJAはほとんどの方が「非RSGBメンバー」に該当します。

最初に申請する場合です。100枚超の110枚までの方法と111枚以上の方法の判断が必要です。申請時にシステムがどちらにするか聞いてきます。この二つのケースを上の料金表に当てはめると前者は110枚-100枚=10枚の余分はあるものの12.00ポンドとなります。(1枚当たり0.12ポンドです) そして後者は111枚以上の分ですが、すべて超過分X0.12ポンドとなります。

平たく言いますと、初期申請の110枚までの超過分10枚はおまけであとは100枚であろうか、110枚であろうが、それ以上の枚数であろうが1枚当たり0.12ポンドであるということを記憶してください。

次に3行目の「アップデート時の最低料金(注2)」ですが、要するに2回目以降の追加申請のことです。注2では「アワード申請の有無に関わらず、1枚以上100枚以下の申請時にも適用されます。」とあります。要するに2回目以降の申請の時は1枚でも100枚でも12GBPかかるということです。これは年単位ではなく、回数ごとに12GBPがかかります。追加申請でも101枚以上申請される場合は2行目の「111枚以上の~」が適用され超過分X0.12GBPが加算される計算になります。

極端に考えますと初回110枚、2回目以降は100枚ずつで申請し続ければ1,110クレジットまで12GBP X 11回で可能と計算できます。(笑い)

GBPの円換算です。ネットで本日(令和元年5月12日)現在の市中銀行レートは142.88円ですが、PayPalレートはこれより幾分高いそうです。もちろん変動しますのでここでは実数は書けませんので概算金額です。12GBP X 142.88 =1,714.55円ですので1,800円くらいだが毎日変動する、2000円以内を伝えればよいと思います。

しかし、よく考えてみてください。IOTA申請(110枚の場合)をする。つまりIOTAチェイサーとして真に楽しむ状態になっていただくのに1,800円の投資で済むんです。111枚からは1枚あたり約18円です。年に1回の映画鑑賞代程度です。IOTA申請ニアイコール年一回映画を見に行くくらいのコスト感覚でしょう。

その下段のアワードに関しましては、私は「自分の目標に対する自分へのご褒美」として到達したIOTAアワードはすべて郵送で入手しています。IOTA100からIOTA700、IOTA-OC、IOTA-AS、IOTA-NA、IOTA-EUの11枚を保有しています。壁にかける部屋が欲しいです。これらは選択制になりました。さらに、「電子アワード」を薦めているようです。PDFをコンビニへ持って行けばスーパーファインの出力が100円くらいで可能です。

IOTA申請のお話を新しい方へ過去にもたくさんお勧めしましたが、申請料金の話しはしたことがありません。お金で説得ではなく、進める側の予備知識でしょう。相手の方にIOTAの面白さを伝えれるだけでよいと思います。ご参考としてご一読いただきありがとうございます。IOTA Ltdの財務体質改善強化にご協力ください。

« JH1NBNからのQSLカード到着情報 | トップページ | NA-250P K7Y will be QRT soon »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JH1NBNからのQSLカード到着情報 | トップページ | NA-250P K7Y will be QRT soon »