World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA Expeditioner of the Year Award | トップページ | IOTA Meeting in AS-012 Nokono Islandを企画したい »

2019年5月26日 (日)

「IOTAに関してのご提案」メールを5月分すべて送付完了

2018年10月からIOTA申請者拡大のため「IOTAに関してのご提案」文章をいろいろな角度から対象者を探し出し発信しております。8か月になろうとしていますが、200名ほどになろうとしています。個人で自由にやっている関係もあり、マンネリや羞恥心が増幅したり精神的落ち込んだりして送付できない時期が到来したりします。

昨日は昨年末に一気に3名を増やした徳島県のOMさんからメールが届きました。徳島県のトップDXerであられますが、IOTAのClub Log Matchingで一気にIOTA申請をされました。そしてQSLカードの段ボール(?)の中から、QSLカードの段ボールチェイシングを始めたとのご連絡を1か月ほど前にいただきました。昨日は見つけ出したQSLカードが入力できないというご質問でした。

IOTA-World.netの使い方を丁寧に記入し返信しました。再びメールが戻りましたが感謝されている様子がすぐに理解でき、とても熱い気持ちになりました。IOTA申請をお勧めして登録されたあと、このように細かい点でも結構ですので質問なり、世間話なりメールを送ってくださることは本当にハッピーな気持ちにさせていただきます。マンネリや羞恥心が消えてしまいました。

その気持ちを大切にIOTA申請対象リストで「IOTAに関してのご提案」メールを送っていませんでした11名の方にそれぞれ加工して昨晩に発信を終わりました。おそらく、6月21-23日にドイツのFriedrichshafen Ham Radio eventで発表されます2019年New IOTA発表への最後の提案になると思い渾身の思いでご提案を終了しました。

この朝に起床してメールを確認しますとびっくりしました。(つづく)

« IOTA Expeditioner of the Year Award | トップページ | IOTA Meeting in AS-012 Nokono Islandを企画したい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Expeditioner of the Year Award | トップページ | IOTA Meeting in AS-012 Nokono Islandを企画したい »