World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« SA-050 CE9GEW on 1991の手書きQSLカード | トップページ | AS-205P R205NEW Bogoslova Island第一日目のクラスターレポートを確認してみる »

2019年6月16日 (日)

AS-205P R205NEW Bogoslova Island 交信終了

表題のAS-205P R205NEWは朝からアンテナをベランダから振り出し、ずっと14MHzCWをワッチしていました。早々と朝のうちに交信された方からのレポートが入りましたが、昼になり夕方になるとまた別の局からのレポートが届き始めました。当方のアンテナでは近場とはいえ、なかなか信号を捕らえることができず我慢の状態でした。

1730JST過ぎに14046で聞こえ始めましたが呼ぶにはいたりません。AA ContestのQRMを被りながら聞いていました。10118のレポートが上がりましたが初めてコールコピーができる程度に聞こえ始めました。IOTA Friendsからの交信レポートがたくさん届き始めました。「なんだ、私のアンテナが一番ボロではないか」と思いながら聞いていました。1830JSTに10118で完全にコールコピーできるまでに信号があがりました。前の分のAS-204Pとほぼ同じ時間帯でした。

1837JSTに無事にコールバックをup1.1くらいでリターンがありました。そして、14054でのJA3FGJ平林さんのレポートを見つけ少しワッチをしましたがほとんど呼ばれておらず、1905JSTにワンコールでリターンをいただきました。近いとはいえ、ベーリング海でしたので少し心配しましたがあっけなく2バンド交信を終えることができました。R7AL Vasilyさん等のチームメンバーに感謝です。

その後は夕食のためワッチしておりませんが、時間帯はAS-204Pとほぼ同じの1730JSTから2100JSTくらいまでに10/14MHzでワイヤー系アンテナクラスで交信できると思います。今回は前回に比べると呼ぶ局が少なく感じました。お勤めで未交信の方は早めに帰宅すれば大丈夫でしょう。終了日時は不明ですが、19日いっぱい、或いは20日くらいまでではないでしょうか。

AS-204に比べてAS-205の方が訪問しづらい環境と思われます。ログサーチはペトロパブロフスク-カムチャッキーに戻ってからuploadするとウエブに記載してあります。Club Log Matchingは前にも書きましたがAS-204と同じく来年3月くらいではないでしょうか。

« SA-050 CE9GEW on 1991の手書きQSLカード | トップページ | AS-205P R205NEW Bogoslova Island第一日目のクラスターレポートを確認してみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-050 CE9GEW on 1991の手書きQSLカード | トップページ | AS-205P R205NEW Bogoslova Island第一日目のクラスターレポートを確認してみる »