World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について その2 »

2019年6月30日 (日)

第43回 九州DXer'sミーティングとIOTAとのコラボレーション

本年4月に実施されましたAS-049 JA6UFF/6 Kuchino Island Tokara Islandsの運用をIOTA的にご支援しました関係で、JA6UFF税田さんとメール交換を始めました。税田さんは九州各地の島運用もやっておられるので近いうちにIOTAのClub Log Matching登録を行いたいとか、IOTA申請もしたいとか、ご自分が事務局をされています表題の九州DXer'sミーティングを通してのIOTA普及などの情報交換に発展しました。

2019年6月29-30日に第43回 九州DXer'sミーティングが熊本で開催中です。当日配布用として税田さんの要望でIOTAのPRパンフレット作成依頼をいただきました。A4判裏表印刷の資料です。表は「DXCCの先にはIOTAがある」というタイトルで税田さんの要望を100%取り入れ、裏はIOTA CP JAホームページに掲載中の流れ図を入れ配布されました。毎年3月に開催されます西日本ハムフェアなどでも配りたいそうです。

資料はここでは公開できませんが、税田さんと相談して、さらにIOTA申請希望者が誕生などの効果があればご紹介したいと思います。他の地域のハムフェアでもIOTA紹介のためにぜひ紹介パンフレットとして利用していただけるようさらに加工したいと思います。

昨晩、税田さんから「JA6WJL前田さんの話が止まらない」というタイトルでメールと写真が届きました。ミーティング懇親会会場でJA6CM古志OMとJA6WJL前田さんが壇上で挨拶をされてる写真です。おそらく長崎県参加者の挨拶でしょう。JA6WJL前田さんは2か月前にIOTA申請をされたばかりです。前田さんのウエブを覗けばどんな話をされたが大方予想できます。http://blog.livedoor.jp/ja6wjl/

IOT申請者は他にJS3CTQ稲葉さんが参加されています。私も本日正午まで会場からのIOTAに関する質問をメールで対応するために待機中です。後日、JA6UFF税田さんのご了解のもとにDXミーティングにおけるIOTAの反応をご紹介出来たらと思います。

Photo_20190630102301

資料【「Club Log Matching」を利用した「IOTA申請」までの流れ】はIOTA CP JAホームページのマニュアルに格納されているファイルを使用して白紙プリントもうまくいきましたと会場から送ってくださいました。原本は黄緑色でしたので印刷コストをさげていただきました。

« AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について その2 »

コメント

第43回九州DXer'sミーティング参加してきました。
話題は低コンディションの中でのディジタルモード関連が多かったようです。

最後の最後に私とJA6UFF/税田さんとで、山本さんに作成して頂いた資料でIOTAの話を少しだけしてきました。
参加者にどれだけ刺激を与えられたかは、ハッキリ言って判りません。私のようにDXクラスタのIOTAのウインドウを覗いてみようと思うDXサーが一人でも増えるのを切に望みます。

資料作成本当にありがとうございました。

素晴らしいです。税田さんに前々から九州DXer'sミーティング関係の資料や写真を無断での使用は云々とのことで、ここに掲載できないことが残念です。昔から人前でお話しするときは「私が踊るから、皆さんも踊ってください。私が歌うから、皆さんも合わせて歌ってください」という心構えでしゃべる様にしております。
あの写真を見る限りは「私の笑顔は皆さんの笑顔です」が120%伝わる写真でした。古志OMが隣におられましたので長崎県からのご挨拶と思います。最終日の最後の15分に再びIOTAのお話の時間がとれたということは物凄いことだと思いました。「私たちはIOTAを楽しんでいます。皆さんもIOTAを楽しみましょう」と伝わっていると思います。
あとは配布資料を見ながら電子ログからのADIFの抽出、Club Log登録、云々とご自分で山へ登る努力をしていただくだけてす。JH6QFJさんがすでに着手したという噂が届きました。前田さんの笑顔は最高です。IOTA笑顔でした。(笑い)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について その2 »