World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« OC-298P FO5RH Tatakoto Atoll, Tuamotu Islands, French Polynesia QRVing | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について »

2019年6月29日 (土)

CQ DX from IOTA AS-206/AS-117はどこから

2019年6月22日にAS-117から分離してAS-206が誕生し、それぞれAS-117 Honshu's Coastal Islands WESTとAS-206 Honshu's Coastal Islands EASTに分かれました。すでにご承知の通りIOTA Ltdよりそれぞれのクレジットを受け付けられる日程は未定であり、AS-206は実際はAS-206Pと仮番号のPがついた状態であるからです。これを外さなければいけません。

IOTA Directoryのルールには「A first time operation to make a minimum 1000 contacts with different stations in 5 continents」とあり、「5大陸の異なった局から1000QSOs」と訳せます。

該当の島からどなたかが運用してもらい、5大陸の異なった局から1000QSOを達成し、IOTA Ltdへ申請してもらうことです。詳しくは必ずCP JAホームページの「新しいIOTA番号の発表」をご確認ください。運用日から1~2か月はかかります。

5年前のAS-200誕生の時はAS-200の固定局を探しました。同様に佐渡の固定局を探しました。佐渡島は行政はすべて佐渡市です。新潟県佐渡市で総務省無線局検索を行うと347局がヒットしました。これを1件ずつ確認をしました。やはり、条件としては14MHzや10MHzの運用に絞りました。3名に絞られましたが、QRZ.comには1局となり、結果としてモービル運用、メールアドレス不明となり1000局は厳しいと判断しました。

続いて宮城県気仙沼の大島にKW局がおられましたのでメールをお送りし現在返信待ちの状況です。そのご友人の方から気仙沼大橋が4月に開通したので/7でやっても良いとの返答をいただき調整前の状況です。

AS-206に関しましてはすでにJI3CEYさんが佐渡移動のプランをお持ちでしたのでDX情報へ投稿され7月20-22日に425DXnewsに掲載されています。他にもやるという情報を数件いただいていますが、日程などは未定です。AS-117角島からJA4GXS/4佐々木さんが6月29-30日で企画されているとお聞きしています。7月に入ったらAS-206運用の花が咲くでしょう。楽しみです。

【追記】

そのご友人の西城さんがJR7DXE/7にて14260にて6月29日午前9時過ぎからサービスを開始しました。宮城県気仙沼市の大島(O Island)です。1000局へチャレンジされています。おそらく36メータハイアンテナのみ借りての運用だと思います。QSLカードは発行せずClub Log Matchingのみになるかもしれません。IOTA Meeting Frequenciesなど昨晩に説明済です。JA9IFF中嶋さんやJI3DST舟木さんをよくご存じだそうです。

« OC-298P FO5RH Tatakoto Atoll, Tuamotu Islands, French Polynesia QRVing | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-298P FO5RH Tatakoto Atoll, Tuamotu Islands, French Polynesia QRVing | トップページ | AS-206 JR7DXE/7 O Island の運用について »