World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« AS-206 がPが外れて正式にIOTAクレジットを受けられます | トップページ | AS-063 R63RRCとAS-152 RQ73QQ »

2019年7月27日 (土)

IOTA Contest New Rule for 2019 レポート省略可

2019年7月27日午後9時から28日午後9時までに開催されますIOTA Contestのルール変更が425DXnewsに掲載されていました。

IOTA CONTEST: NEW RULE FOR 2019 ---> Please note that "to shorten the exchange, for 2019 the sending of RS(T) will be optional. i.e. you do not have to send a report as part of your exchange":
* World Stations send RS(T) [optional] + serial number starting from 1, for example: 599 254 [or 254]
* Island Stations send RS(T) [optional] + serial number starting from 1 + their IOTA Reference, for example: 59 378 EU115 [or 378 EU115]
* If you are not sent a report, log 59 (SSB) or 599 (CW)
* If you are not sent a serial number, log a zero

Googletranslateで和訳しました。

IOTA CONTEST:2019年までの交換を短縮するためには、RS(T)の送信は任意です。すなわち、交換の一環としてレポートを送信する必要はありません。
*ワールドステーションはRS(T)[オプション] + 1から始まるシリアル番号を送信します、例えば:599 254 [または254]
* Island StationはRS(T)+ 1から始まるシリアル番号+ IOTAリファレンスを送信します、例えば:59 378 EU115 [または378 EU115]
*レポートが送付されていない場合は、ログ59(SSB)または599(CW)
*シリアル番号が送られてこない場合は、ゼロを記録してください。

1+AS7とかとても短縮できますね。使ってみたいと思います。

K6VVAのCQ HRALと良くしようという要素は同じなのですが、前者は半年くらい前から個人のホームページに、後者は本日の425DXnewsで知りました。ユーザー側に戸惑いを与えるでしょうがスムーズな運用になるように期待したいです。

提出用ログのフォーマットがどうなるか、調べておく必要があるでしょう。

https://www.rsgbcc.org/hf/rules/2019/riota.shtml

ここに59(9)のレポート省略は書いてありますが、提出ログに関しては従来通りのようです。

« AS-206 がPが外れて正式にIOTAクレジットを受けられます | トップページ | AS-063 R63RRCとAS-152 RQ73QQ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-206 がPが外れて正式にIOTAクレジットを受けられます | トップページ | AS-063 R63RRCとAS-152 RQ73QQ »