World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« RL3DZ (ex UA0KCL) SK | トップページ | OC-298 FO Tatakoto Atollが最も近いNext? »

2019年8月 1日 (木)

AS-117 vs AS-206

2019年7月31日付けでIOTAウエブの中の旧AS-117からAS-206(JA0/7/1/2)分のクレジットが分離し自動的に移行されました。気になるのはAS-117 vs AS-206の東西割合です。移行前のAS-117クレジット率は41.9%です。

新AS-117のクレジット率は37.0%、移行後のAS-206のクレジット率は4.9%となりました。割合は88.3 vs 11.7と約1割が移行された結果となりました。ここが今回の分割と境界の大きなポイントでした。今日からでもJR7DXE/7をはじめとするAS-206の追加申請がなされるごとに加算されていきますので大きく変化していきます。

AS-117のWestにおきましては37.0%のクレジット率であるためにペディショナーや固定局の運用に関しましてIOTA Validation Teamを通すことはありませんが、AS-206の運用はIOTAウエブのクレジット率が25%を超えていませんので運用者は証明となる写真などを準備する必要があります。

今回、JA0/7/1/2エリアのAS-117でクレジットを受けていた局は新AS-117のクレジットを新たに追加申請する必要があります。もちろん、AS-206分の追加申請は不要です。皆さん、全員、結果として平等です。

IOTA CP JAホームページのアニュアルリスティングに記載されています「全世界では1637 名です」を分母として使用させていただきますと、AS-117クレジット済みは606名、AS-206は80名、合計686名と概算計算できます。差異で見ますとAS-117が1031局、AS-206が1557局のニーズがあることを算出することができます。

また、AS-206からの運用は南極と南米がまだ交信できていません。まだまだニーズは高いはずです。

Iota

2019年7月31日現在の7大陸別IOTAリストです。

【追記】クレジットの意向に続き、Club Log MatchingのAcceptedリストにおいても過去分の運用がAS-117からAS-206へ移行されました。

AS-206 JA8COE/7 JA8COE/7 77 QSOs logged between 2012-09-23 07:57Z and 2012-09-24 21:53Z  
AS-206 JH2RMU/2 JH2RMU/2 268 QSOs logged between 2018-05-01 03:20Z and 2019-07-15 13:22Z(2018年5月、2019年7月)
AS-206 JI5RPT/0 JI5RPT/0  463 QSOs logged between 2016-08-12 23:29Z and 2016-08-14 02:15Z
AS-206 JR7DXE/7 JR7DXE/7 

ヒットしない場合は気長にPse QRXをお願いします。

« RL3DZ (ex UA0KCL) SK | トップページ | OC-298 FO Tatakoto Atollが最も近いNext? »

コメント

山本さん、

英語のクレジターとはクレジットする人や組織のことですからIOTAの場合RSGBになります。IOTAクレジットを受けた人という意味での英語はIOTA Credit holderと言います。意味がまったく違ってしまいますので一言注意させていただきます。

青木
JJ3PRT

青木さん、ご指摘に感謝します。訂正しておきました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RL3DZ (ex UA0KCL) SK | トップページ | OC-298 FO Tatakoto Atollが最も近いNext? »