World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« NA-210 KL7RRC/P Sledge Island info (28 Aug 2019) | トップページ | NA-210 KL7RRC/P info (29 Aug 2019) »

2019年8月28日 (水)

N3QQとのお付き合い

本日からN3QQ Yuriさん等によるNA-210 KL7RRC/P Sledge Islandペディションが実行されます。Yuriさんは来週9月4日にアラスカからワシントン州経由でオレゴン州のNA-211 K7TRI Tillamook Rockもリーダー格で6日から参加します。Big IOTA DXペディションを立て続けに二つも実行されます。

N3QQとJN6RZMとのお付き合いは次の通りです。

①NA-234 KL7DX Dhuginadak Island Jul 2008 未交信
 N3QQと出会い、NA-234の協力を求められました。PayPal普及がまだ進まない頃ですが、26局からドネーションをいただきました。        個人的には見事に交信できず。YuriさんはICOMのV/UHF機の代理店を経営されています。

②NA-233 KL7RRC Ogliuga Island Jun 2009
 18名からドネーション協力をいただきました。私がまとめてN3QQへ送金しました。QSLカードもまとめて送ってくれ転送しました。

③NA-169 N7RO/P Tatoosh Island Aug 2009 未交信(Nov 2011にN3QQ/Pで交信)

④NA-019 KL7RRC/P Kodiak Island Jul 2010 未交信(他でクレジット済み)
 NA-235へ向かう中継地からの運用でした。

⑤NA-235 KL7RRC/P Chirikof Island Jul 2010
 前年のNA-233成功により30局のJA各局からドネーション協力をいただきました。

⑥OV-278 V73RRC Ujelang Atoll Dec 2010 未交信
 JAドナーは35局へ。Yuriさんは10月にトライしましたが失敗し、12月の2回目で上陸に成功されました。個人的には見事に交信失敗でした。
 
⑦NA-232 KL7RRC/P St. Matthew Island Jul 2011
 JAドナーは15局。

⑧NA-169 N3QQ/P Waadah Island Nov 2011
 上記③を未交信でしたので、N3QQに長い間お願いして実現しました。交信できない場合の不安がありましたが、なんとか20mCWで交信できました。Tatooth Islandもそうですが、行政の承認や地元原住民の許可などが必要だそうです。

⑨NA-240 KL7RRC/P Pingurbek Island May 2012
 JAドナーは20局。

⑩OC-077 KH8RRC Tutuila Island Jun 2012
 OC-190 KH8RRC/P Rose Atollで行政機関があるTutuila Islandで許可をもらうために滞在し、運用したものです。結果的にはOC-190 Rose Atollは許可されず。併せてハワイ州のOC-288P~OC-293P KH6RRC、KH6RRC/Pは許可にならずでした。

⑪NA-150 KL7RRC/P Little Diomede Is Jul 2012 未交信(他でクレジット済み)
 ロシアのRRCメンバーがAS-061 RI0K Big Diomede Islandから日付変更線を跨いで同時運用し、その後スノーモービルで合流する計画でした。RRC設立の20周年記念行事でした。PayPalが普及したため、ドネーションギャザリングに至らず。

⑫NA-158 KL7RRC/P Kalgin Island Jul 2016 未交信(他でクレジット済み)
 4年ほどIOTAペディションの虫が収まっていましたが、Kalgin Islandのロッジが借りれるようになったとIOTAの虫が起きてしまいました。

⑬NA-234 KL7RRC/P Chuginadak Island May 2018 未交信
 当初は同じNA-234 Kagamil Islandでしたが上陸に適さず、再びChuginadak Islandに上陸いました。二つの火山が繋がった島であり、
 運用はそのつながりの平地から行われましたが、火山に挟まれているためロケーションがよくなく、気球でアンテナをあげて運用されました。再び個人的にドネーションを送りましたが見事に空振りしました。30mCWで聞こえましたがパイルを抜けず。 

 そして、今回のNA-210 KL7RRC/P Sledge IslandとNA-211 K7TRI Tiiamook Rockと続きます。2012年から仕事が多忙になり3年ほど活動が止まりましたが、2016年にNA-158で復活しました。おそらく来年以降もKL7RRC/PにてアラスカのIOTAから活動してくれるものと思います。

私のNiftyメールでN3QQを検索しますと、250件ヒットしました。2009年12月からになっていますので、それ以前を加えると300件はメールを貰っていると思います。ここ数年はとても少なくなりました。

« NA-210 KL7RRC/P Sledge Island info (28 Aug 2019) | トップページ | NA-210 KL7RRC/P info (29 Aug 2019) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-210 KL7RRC/P Sledge Island info (28 Aug 2019) | トップページ | NA-210 KL7RRC/P info (29 Aug 2019) »